謹賀新年

遅まきながらあけましておめでとうございます。



年が明けてから♂全ての交換が終了しました。
今季ここまでを振り返ると、1本目と2本目の菌糸管理がうまくいきませんでした。
どちらも予定よりも早く交換せざるを得ない状況となり、かなりの数を想定外の4本目交換しました。
思い当たるフシがありますので、来季は同じテツを踏まないように考えます。
しかし、既成ボトルではロットによるバラつきはどうしようもありません。
ただ、世間様と同じく重たい幼虫は昨年よりも多く出てくれています。
羽化してナンボなのでここからは運に任せます。


現在の悩みは早期羽化です。
一応各ライン数頭ずつ仕込みましたが、どれを使うか考えても全く決まりません。
あみだクジでもやろうかと(笑)


初めての試みで何度か書きましたが、最終ステージにクマモンさんのスーパー材を使用しています。
途中に報告しました、1601の幼虫は数時間潜らずにずっと上を眺めていたので諦めてボトルに投入しました。
そして代わりに同番の幼虫を材にいれました。
合計で10頭、菌糸飼育との違いが自分でも楽しみです。


IMG_1014.jpg



皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。



28年作業終了

本年の作業を終了(たぶん)しました


♀はあわよくば2本返しと考えていましたが、8月に投入した某既成ボトルは限界でした(笑)
2本目以降は自詰めしないとダメなようです。


菌が痩せてボトルと隙間が目立つようになりました。
菌と同じく幼虫も痩せてしまっては元も子もないので交換しました。


詰めてまだ菌の回りが浅いボトルが到着した時にドリルで穴をブチ抜いていたので回りも早く、40本強の交換も1時間半ほどで終えました。
今後は1400もあらかじめ穴を開けておけば後が楽なんでしょうが、面倒クサくてなかなかできません。








たまには♀の画像でもっ!









1601 yasukongさん1401インライン
IMG_0992.jpg

IMG_0991.jpg




同じく1601
IMG_0982.jpg

IMG_0981.jpg



このラインは早期羽化も55mm超えているようなのが2頭程います。
どのくらいのサイズで羽化するのでしょうか?



とりあえず3本目へ

大阪もようやく冬らしくなってきました。
先週には本場の冬を体験してまいりました。
2泊3日で北海道すすきのへ!


新千歳空港が雪で着陸不能のため、出発の飛行機が1時間半飛ばないトラブルからのスタートでした。


この時期と初夏のゴルフにと決まった時期に同業の人達と突撃します。
目的は美味いもん食って飲んでの繰り返しです。
帰宅するといつもの例年のごとく3キロ近く太っていました。



IMG_0940.jpg
飲み食いに夢中で画像はこの一枚のみです。



北海道なのでもちろんカニも美味いのですが、自分は高級でなくとも当地でしか味わえない魚が好きです。
今回もニシンの刺身は最高でした。
初夏はホッケの刺身がいけます。
大阪へ来る頃には生はアウトになるのでなかなか口にできません。
八角の刺身、北寄貝もGood
あとはシシャモの♂がいつも最高
卵に栄養が取られていないので身に油がのり
♀も普段目にするシシャモと形状がまったく違うのですが、いつも喰ってるのは一体何の魚や?(笑)

というわけで朝から海鮮、ビールと酒
昼に備えてサウナで汗出してアルコール抜き
昼に飲んで喰って、またサウナごもり
もちろん晩は宴会
そして茶色い酒を飲みに行って
仕上げには深夜のラーメン

海鮮を満喫したハードな楽しい旅でした。

また、自分だけではバチが当たるので家族への土産にと帰宅の晩飯に間に合うように現地から送りました。

帰宅日の晩飯も北海道!!!

4人家族で各自に毛ガニ1杯ずつ
これがデカくてとんでもない量でした。
「半分ずつで良かったのに」と言われながらも、皆大皿を平らげ
活けホタテもデカいのなんの
寿司屋では一つを二人でつまむようなのを2個ずつ炙り
おかげで北寄貝とシシャモ等は翌日へ

北海道な一週間でした。







表題のとおり、♂の3本目への交換が『とりあえず』終了しました。
5月に投入した組は2本目を100日ほどを予定していましたが、状態が芳しくなく逆に大半を80日ほどで交換する羽目になってしまいました。
10月や11月初め交換、このまま羽化までは心もとないので100本くらい最終ビンを交換予定です。


一応、現時点の管理表を取り急ぎ貼りつけました。


ここまでは、1601が調子良さそうな感じです。
このラインは山梨の大旦那に我家と変わらない数を飼育していただいていますので、うちが不発に終わっても一発当てて貰えると安心しております。


昨年度よりは平均的にUPしていますが、しなくてもいいダイエットも散見されますので消化不良な感もあります。
贅沢言うとバチがあたりますので、4本目への交換時の盛り返しに期待します。


今年もエコ飼育のために♀の早期羽化を結構な数仕込みました。
あまり大きくならないようにと過酷な環境で耐えて貰いましたが、その分早めに羽化しているように感じます。
確認すると、60以上が羽化して固まっていました。
依頼されていた分はオール確保できましたのでホッとしております。


前回にも触れましたが、今年は何本かラストステージにクマモンさんの材を使用しております。
大きくなりすぎると羽化率が激減するので、あわよくばと助平根性で材に期待してぶち込みました。





1601
IMG_0965.jpg

IMG_0963.jpg



1607
IMG_0946.jpg

IMG_0945.jpg



1618
IMG_0953.jpg

IMG_0948.jpg



1612
IMG_0958.jpg

IMG_0956.jpg



1612
IMG_0971.jpg

IMG_0966.jpg
この45gは★確定のような居座り方をしていましたので、材でどうでるか?
そもそもこの体重での完品羽化は低確率と思います。
さすがにドリルで穴を二つ繋げても窮屈そうに齧っています。
IMG_0969.jpg




年明けに最終交換し、あと数頭材飼育に追加予定です。


大半の方よりも始動が早めなので、昨年同様5月初旬羽化を目指して、1月末か2月頭にスイッチオンの予定です。


初体験

昔からオオクワと同じくらいかそれ以上?熱帯魚にも熱を上げております。
淡水・海水どちらもなんですがメインの生体よりもレイアウトを楽しんでいます。
淡水ならネイチャーアクアリウム、海水は珊瑚
いずれも手間が掛かりますが、ずっと同じビジュアルでは飽きるのですぐに変更してしまいます。



Nimo

メタハラ点灯後間もないので珊瑚の開きがイマイチな画像となってしまいました。







表題のとおり今年は我家でも挑戦
数日前にMade in クマモンさんの材が到着し、根掘り葉掘り教えていただきました。
先日ちょうどご本人が景気の良い様子をUpされましたので、恥ずかしくないシロモノを掘り当てるまで13本掘りました。
それにしても惚れ惚れするような良材です。




IMG_0938.jpg



1506
♂84mm(Gull氏1409)×♀52mm(Gull氏1501)
IMG_0937.jpg
読みづらいですが、材なので『Z』と書いております。



IMG_0933.jpg

10本程それなりの幼虫で試してみるつもりです。



ひとまず終了

昨日はゴルフでした。
天気にも恵まれてゴルフ日和、この時期は紅葉が綺麗です。
IMG_0920.jpg





10月の初旬より暴れだしたり、?のボトル、早め投入を3本目交換開始しましたが♂全体の半分以上の約100本、ひとまず終了しました。
このうち小さいサイズを除いて4本返しとなりそうです。





800CCも劣化運動会しておりますが、こちらは見ないフリをします。
♀は持ちそうなのは2本、ヤバいのは3本目をS3の500ボトルにしようかと思案中です。





前回終了分から20本程交換しました。





ここまでは15年度よりも大きくなっているようですが、唯一イマイチだった種♂が我家で羽化した87mm
種付けがあまり上手ではなかったようで不発が多く、付いた2ラインのうち一つは5頭のみで実質1ラインしか残せていません。
ここから楽しめそうなのが出てくれて少しホッとしております。





37gから
1616
♂87mm(1405-2)×♀52.3mm(yasukong氏1429)
1616.jpg



36gから
1609
♂84.8mm(ワイドカウ氏14YGAA1)×♀52.8mm(yasukong氏1410)
1609①



41gから
同じく1609
1609②








1605(Gull氏1409×Gull氏1432)で2本目交換時に40gを超えていた幼虫はほぼ現状維持でした。


これから1ヶ月ほど休憩します。