プロペラの顎

前回ご報告した個体87mm(1602)について、親しくしいている方からクレームが付きました。
「あの87mmおかしいでしょ!? アゴ閉じて身体も斜めになってますやん!」

その後に画像を見てもらって真相を告げて笑われたのですが、ほどなくしてブログへも、どなたかわからない方々からコメントが入っていたりしたのでご説明を

870(1602-14).jpg














知人に説明したのと同じ内容と画像です。


実は、かの87は撮影が左右の顎が上下にズレて撮影困難なプロペラのような顎の個体でした。

クワノギスの分厚いジョウでも思うように両顎が接地せず
何度もトライしましたが諦めました。


ビークワの前ギネスは、たしか翅ズレの左右不均等な体長でそれぞれの平均値が公式記録となったと記憶しています。
しかし、自分がノギス画像なしで種として使用する可能性のある個体を、右○○mm、左○○mmで○○mmとすれば、前出の知人のように「ホンマかいな?」との辛辣な意見が突き刺さりそうな気がしたので、控え目にしました。


なんとか顎を閉じ加減で控え目に撮影すると、他の87mm台の個体と数値が同じになりました。
同サイズだと使用の際に混同するのがめんどくさく、「ライン2番目やったら87mmでええわっ」と考えた次第です。





あらためて
87mm(1602-14)
♂84.1mm(yasukong氏1401)×♀52.5mm(yasukong氏1522)
IMG_1263.jpg


顎を強く固定すると暴れて両顎接地の撮影ができませんでした。
1602-14.jpg


関連記事


コメント

  1. セバスチャン | URL | -

    こんばんは

    お見事です!
    大変失礼いたしました。

  2. toplegend44 | URL | -

    こんばんは

    実際デカいのでどうでも良いです!(笑)

  3. Yuipapa | URL | -

    Re: こんばんは

    セバスチャンさん

    どなたか存じ上げませんが?見事でもないです。

  4. Yuipapa | URL | -

    Re: こんばんは

    toplegendさん

    幼虫援軍ありがとうございました。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)