上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミ脱出

今年は1年以上経過して掘ってるのに、のんびりと幼虫しているのが結構いてました。
そうなったのは体重が載ったのがほとんどで、30前半のはスイッチが簡単のようです。
数が多かったのでボトルの用意もなく、そのほとんどは顔を見て、作業を中止して放置して管理表には★と付けてます。
当然ですが、暴れたり上に出てきてまったりとしています。







幼虫割出しと並行しての割出しのため、運良く手元にマットが置いてあるタイミングだった幼虫は何頭かマットに入れました。
PPボトルを洗いもせず菌糸を掻き出してそのままマットを詰める、超適当です。
閉めきった酷暑に置いておくと何頭か蛹化しました。
セミしているのは肥満体が結構いますが、さすがに48gまでいったのは蛹のまま力尽きて真っ黒になりました。







蛹化したのは目が黒くなったのを見計らって移動させています。
ちょうど、うちには材の蛹室がたくさんあるので再利用しています。







第1号がセミからクワガタに変身していました。
半ばあきらめていましたが、酷暑の環境で成長が早かったのか、幼虫発見時から1ヶ月ちょうどで羽化してきました。
IMG_1314.jpg






材に造る蛹室はどちらかと言うと竪穴式住居で、カブトムシの蛹室のような感じです。
サイズは並に見えますが、なんとか五体満足のようです。



IMG_1322.jpg
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。