羽化報告 続編

17年度はスタートに躓いてしまいました。幼虫は採れてますが(爆)
878の種無しから始まりました。
数頭の♀を付けて見た目は、みな爆産気配なのに1頭も孵化せず!


うちではラインごとに100均の籠にプリンカップの幼虫を入れてストックしております。
少し前の記事で画像を載せましたが、セットケースに貼っていたテープを籠にそのまま貼り、各プリンカップに養生テープを小さく千切ってライン記入してマーキング

同時期の割出し続きで籠を塔のように重ねていました。
(プリンカップが潰れるので縦横交互に)
運悪く躓いてその塔を崩壊させてしまいました!
一部のカップはフタが空いてしまったりし、まあ~片付けが大変でした。



問題は・・・
一気に割出したので、籠とカップにテープを張らずに、ラインを紙に書いて籠に入れていました。
それがひっくり返って、訳が分からなくなりました(笑)
難を逃れたのは881とマサレッドさん1504のラインのみでした。


おかげでとんでもない数の幼虫がライン不明の『無印』!!!


菌糸ロットでの不具合のリスクを鑑み、あえて1セット目だけではなく抑えて2セット目で確保していたラインもありました。
一番痛かったのは、Gullさんの♂1502のラインが全滅です。
付けた♀達は、数を十分確保していたので産卵体験にと、お世話になっている方の子供さんにプレゼント済(笑)
そして2年目のyasukongさん1401とGullさん1409のラインが消滅しました。
おかげで飼育数が予定の半分に満たない数となりました。

悪あがきで、残っていたカワラ材でいくつか組みましたが、時期が時期だけに投入するかどうか微妙な心境です。
放出も・・・

※里子にお出しした幼虫および準備中のはシャッフルしていませんので、ご安心くださいませ












気を取り直して新成虫も測っています。

この個体、掘った時はまだ羽化したてで色も付いていませんでした。
体重も載っていて、見た目もデカく見えたのですが、片顎だけを口元近くへ曲げて左右非対称に見えたので不良品組のコンテナに置いていました。

固まった頃なので確認すると顎は何の問題も無く、健康優良児でした。
羽化したばかりで、たまたま顎がそうなっていたようです。














1602-4
♂84.1mm(yasukong氏1401)×♀52.5mm(yasukong氏1522)
886 1602


05/19 S8 
08/07 S3 36.3g
11/31 S3 38.1g
01/05 S3 40.3g
羽化 5月 88.6mm


親♀はyasukongさんからの幼虫を当方で早期羽化させた個体で858インです。
♂866純血と♀858純血の組合せですが、組合せ時は正直なところ遊び気分もありました。
ご本家の初期から続く看板血統での組合せでこれが出てビックリです。









yasukongさん1401インラインは♀も結構体重が載っていました。
24gを超えるのが2頭いました。




1頭は最終時に暴れまくってマット状に真っ黒なボトルで羽化しました。
IMG_119.jpg

587(1601-19).jpg
この♀は早くも強奪されてしまいました(笑)




もう1頭はおとなしく綺麗な状態でした。
IMG_1198.jpg

595(1601-18).jpg

♂の82mmと87mmを並べると全く印象が違いますが、元々が小さい♀なので55mmの個体と並べて比べると♂以上に差が歴然ですが、果たしてどう使おうか?(笑)