羽化報告

ある程度の♂は掘りました。
前回に述べましたとおり、まだ固まっていないのもおり、例年よりもステージ移行がゆっくりの感じです。


材飼育の個体が固まったので計測しました。
うち環境での材では菌糸よりもさらにゆっくりとしているようです。
神長さんと話しましたが、菌糸ボトル内では菌が生活して呼吸などで、外気温度よりも概ね2度ほど内部温度は高いようです。
そう考えると納得がいきます。

材10本で5頭がまだ蛹、2頭が完品、3頭が不全でした。
不全のうち2頭は翅が完全に閉じずに真ん中に茶色い線が見える軽微なものでした。
あとの1頭は材質によるもので酷い状態
完品の内では40gを超えるものから83mmあるかないかのも出ました(笑)
全て40gを超えたのを投入しましたが、やはり100%完璧ではなく、当然それなりのリスクは伴うのは致し方ないと思います。










クマモンさんの材仕上げの個体です。

1612-1 
♂84.8m(ワイドカウ氏14YGAA1)×♀53mm(1506-7)
885(1612-1).jpg


05/26 S8 
08/21 S3 36.3g
10/31 S3 44.2g
12/16 材 45.0g

羽化 5月 88.5mm

父はワイドカウさんの13年度ギネス88イン、母はうちの881と同腹の早期羽化です。
そして代が進んでも、結果出してくるGullさんの1312は良い『血』なのでしょう






菌糸組の方はバクチのような感じでした。
前年度よりも率は良くないです。
しかし率よりも『一発』をと考えていたので必然かとも思います。

手頃な真ん中のサイズがほとんどおりません。
ある程度の体重で無事に羽化しているのはそこそこのサイズ
あとは★やゾンビのような状態、マシなのは翅が閉じずに真ん中に隙間

なので、事前にご依頼されていたライン・サイズへのご要望にお応えできない方もおられますので、ご容赦ください。


脱落組の30g前半の幼虫は当然不全率が少ない
イベント用にピッタリの可愛いのは沢山います(笑)










運良く無事に羽化できた個体です。
1606-4
♂840(Gull氏1409)×♀520(Gull氏1501)
876(1606-4).jpg






1609-15
♂848(ワイドカウ氏14YGAA1)×♀528(yasukong氏1410)
871(1609-15).jpg






1616-10
♂870(1405-2)×♀523(yasukong氏1429)
872(1616-10).jpg
これは父がうちで羽化した種♂87mmで、ほんの少しだけですが、オヤジを超えてくれました。
絶やさずに済みそうでホッとしています。






1620-4
♂850(Gull氏1425)×♀545(とも氏14年860506)
877(1620-4).jpg
うちの近所に住むブリーダーのMr.Xさんに種付けして頂いたラインです。
母は上の個体の父87mmと同腹で、幼虫が87mmで羽化した年にともさんのご厚意によりお譲りいただきました。
当時の幼虫から早期羽化した♀の仔が今年の種♂87.3mmなので、これも『血』の影響でしょうか。
画像がうまく撮れずに掲載していませんが、1618からも87mm台が出ています。
この親♂もそのラインと同系統なので、我家では相性が良いようです。












番外編でみっともない個体ですが・・・



1605-17
♂840(Gull氏1409)×♀550(Gull氏1432)
90B(1605-2).jpg

翅閉じが不完全ですが尻も飛び出ていないので元気なら使ってみようかとも思っています。
この1605番は期待していたのですが、現在の完品最大は86mm台でやや消化不良です。




掘出しは8合目くらいでまだ少し残ってますが、どうでしょうか?