上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掘出し完了

我家の15年度は無事?に掘出し完了しております。
まだ呑気に幼虫・蛹しているのも何頭かいますが(笑)



もちろん既に画像をUPした以上のおめでたいオオクワはおりません。
♀の最大は57mm台でしたが幼虫体重に見合わない不思議な小さいのも多々ありました。
とにかく3本目に全く食えない菌糸がかなりあったようです。
これは♂♀に限らずで、ロットによるものでした。



そんなボトルは半年経過にもかかわらず、掘出し時に岩を削っているようにカチカチ!
丈夫なはずのロングスプーンを3本も折ってしまいました。
こんなことは初めての経験でした。
この3本目ならば、♀は2本返しにした方が、かえって良かったような気がします。



ただ、そんなボトルの♂は食えなくても羽化率は良かったように思います。
その代わりにラベルの書き間違えか?と思うほど小さく羽化しています(笑)
逆によく食えてボトルが軽くなったのは、不全や★が圧倒的に多かったです。
そのため、運良く87mm台が数頭出ていますが、中間層の85mm台が少ないように思えます。
体重が載ったのは多数が不全で少数が羽化、あと無事に羽化しているのはその2枚落ちの体重群でした。



うちでは菌糸のトラブル続きで5月から1月まで休むことなく毎月交換する事態となりましたが、15年スタート時の目標の前年の87mm超えは達することができたので、ひとまずはホッとしています。



上級者の方々と会話していると、みなさん口を揃えて「ここ2年くらいで国産オオクワは平均値が2~3mmUPしている」との見解のようです。
神長さんの掲載サイズも85mmから今年は86mmとなっていますが、来年には87mm以上となるそうです。



サイズがUPしても昨年更新されたギネスと準ギネスのいずれもが83mm台の種親から生まれているように誰にでもビッグチャンスはあると思います。
自分は種の資質と配合の妙にそのチャンスがあると思っています。











15年は前年を1mm以上UPできたので、16年の目標は同じく1mmUP!
1mmUPなら〇〇〇超えと言いたいところですが、ここから先はそう簡単にいかないと理解しています。



しかし翅がブーメランのようになった悲惨な個体や、息絶えてしまったこれまで見たことの無いような個体が、運良く間違って羽化すれば・・・と色気も持っています。(すいません)





今年はきちんとパンツを履いていないような、だらしの無いヤツは公表しないと決めていましたが、「種に使う可能性がある個体なら出すべき」とのアドバイスを頂戴しましたので・・・









来年春には真っ黒でこれよりもデカいのを見たいものです。














89.1mmB 1503-19
891B.jpg



891B1503-19
やはりと言うか、こちらでもGullさん1204とマサレッドさん11年2番は健在です。
スポンサーサイト

団長もイケてます!

前回記事でラストのオチに絶妙なコメントにて〆てくださった団長さん
決してラインが失格だったわけではありません。
なかなかイケています。










我家の1517の母は団長さんからです。
14年にやってきた幼虫の早期羽化♀で団長さんの14YGD-8-Aです。







1517-1
862(1517-1).jpg



顎・幅・体躯ともモンク無しのド完品です。
IMG_0437.jpg
♂が全5頭と少ないながらも他にも85UPが2頭羽化しています。














うちのラインを飼育していただいている方より状況を事情聴取されますが、そこそこの個体が出ればこちらでご報告させていただきます。
もう間もなく玉切れになると思いますが・・・









1510-18
868(1510-18).jpg


幼虫体重の載った個体は尻出し・不全・★のオンパレードとなっているようですが、この個体は珍しく余裕が感じられるように思います。
体重がそれほど伸びなかったせいでしょうか?
すでに真っ黒で固まっていますが、尻が出るどころか翅よりも尻がかなり小さいです。
翅と尻の先端に2~3mmくらいの隙間が空いています。
同腹で別の♂にも同じようなケツの個体がいます。
尻


シワも見られずに綺麗に羽化してくれました。
IMG_0449.jpg










1505-17
870(1505-17).jpg


こちらのラインは不全や★が非常に多くて完品が少なかったです。
ワイドカウさん13YGA3の仔ですが、確かA3も不全が多くで完品が少なかったとお聞きした記憶があります。
同腹でも88mmB、ワイドカウさんのお宅で生まれた89.9mmBもこのA3の早期羽化♀からのようです。
なんとか無事に羽化したこのA3の血を残したいものと思っております。
そして、おケツに「B」と付かない事を願っております。

2番が良い感じです。

できれば881を夏過ぎまでブログトップ記事に置きたかったのですが、セコいとクレームが来そうなので更新させていただきます。


昨年は5月初旬に投入開始しており、皆さんよりも1ヶ月半程早くスイッチONしていますので続々と固まってきております。



1502-9
♂83.5mm(Gull氏1309)×♀53.4mm(龍氏13YG03)
878(1502-9).jpg


Gullさんの種♂は3頭使用させていただきましたが、この1309には手を焼きました。
お試しセットしてこのラインのみ幼虫確認できていたのですが、同時にセットした1501は無精卵でした。
因みにお試しの2頭は1本目で落ちていました(笑)

その後に5♀程付けても無精卵のオンパレードでした。
結局1501だけはしつこいくらいに追い掛けしてなんとか産みましたが、無精卵をテンコ盛り産んだせいか、6頭のみでした。
その1501も1本目で35gあった幼虫を交換時に刺殺!
つくづくこの1305はついてないと思っていました。

実質この1502のみが後継ラインとなっていましたが、なぜかこのラインは昨年続出した菌糸不具合の影響をあまり受けていませんでした。

親♀は龍さんの個体です。
yasukongさん1105直仔で我家にたくさんいるyasukongさん858ラインの1頭です。


実は龍さんに報告していたのですが、この878ではありませんでした。
もう1頭のほうでしたが、この仔は計測撮影時に固まって動かず縮こまってしまい、実寸よりも小さくなっていたので「再チャレンジします」と告げていました。




こちらの方が小さいですが、形状はむしろVery good ‼






1502-1
870(1502-1).jpg


顎がヤバいくらいに直線的
870顎



龍さんの言葉を借りると「どストレート」らしいです。
この母♀と同腹の85.5mmも同じような顎、同じ種♂854(yasukong氏1105)を種付けされたB団メンバーさんにもこんな顎が生まれているらしいです。

こちらは母♀からその形状を遺伝したのでしょうか?
同腹ですが、上の878とは全く違うように思えます。










最後にオマケですが
881の母♀(B団ガッタ氏13YG-㊤)とペアでやってきた♂の仔の固まりを待っていました。
0.2mmほど寸足らずとなってしまいましたが、兄弟で良い仕事をしてくれたと思います。



1515-1
♂83.6mm(ガッタ氏13YG-㊤)×♀52.3mm(ガッタ氏13YG-G②B)
868(1515-1).jpg





この1515はセット中に母♀が★になってしまい、幼虫5頭のみで♂はこの1頭だけでした。
まさに首の皮一枚繋がったような気分です。


しかもこの母♀はガッタさんちからペアが飛んできた時
「もし良かったらこれも使ってちょ~だい」
メモ用紙と共に入っていました(笑)


よくよく背景を見ると7年ギネス847同腹の純血インライン
866と871が入っていない純血INは今では探すのが難しいかと思います。


15年度はここまでB団団員さんのガッタさん、龍さん、ともさんの♀から87UPが出ましたが、団長さんのは今年の種♂のFライン848君に頑張ってもらう事とします。
きっとやってくれると思っています。

羽化のご報告

あっという間に6月になっています。
幼虫の方はスタートから順調な組はボトルに収まりました。
ほとんど採れなかったモノ、だんまりの♀はセット中で今は放置で何もすることがありません。
非常識にも一仕事終えて隠居中の♀に
「もう1セット組んでくれ」と、言うような輩もいます(笑)




空いた時間に少しずつ新成虫を掘出ししております。












今回は穴が開いて頭を見た時にこれまでとは違い???と











881(1506-1).jpg

1506-1
♂84.0mm(Gull氏1312)×♀53.0mm(B団ガッタ氏13YG-㊤)
1本目 5/20  S8
2本目 8/25  S3 39.4g
3本目 9/20  S3 40.9g
4本目 12/17 S3 41.5g
羽化日 5/上旬
掘出日 6/7




この仔は二本目投入して間もなく菌糸が腐敗したにもかかわらず、ダイエットせずに微増していました。
他は軒並みダウンでしたが、なぜか影響を受けませんでした。









881(1506-1)血統
血統背景は
親♂840は、お馴染みGullさんの1312
親♀も負けじとなかなか良家のお嬢さんです。
B団ガッタさんからお譲りいただいたのですがまたまた、ともさんラインです。
881、883を産んだマサレッドさん852(11年2番)直仔で、なんとなんと!このラインはyasukongさんとGullさんも補強されていると後で知って超ビックリしました。
Gullさんの管理表、使用されている2ラインをしょっちゅう眺めては、「シメシメうちのも箔が付く」と、ほくそ笑んでおりました。


14年度の幼虫、15年種親にわからないながらも852(マサレッドさん11年2番)を数ラインお願いしたのはとてもラッキーでした。



ただ残念な事にこの1506は幼虫があまり採れませんでした。
♂はこれを含めて4頭、♀は殆ど早期羽化させました。
16年度使用の2頭の早期羽化♀もそれほど産んでませんが、もう引退させていました。
もう一仕事していただこうかと思案中です。



この♀はペアで我家へやって来ましたが、種♂からも87mmくらいのが固まり待ちです。


881君は元気良すぎてノギス画像に四苦八苦でしたのでお披露目は、また改めていたします。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。