上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の振り返り

今年のブリ作業が終了しましたが、物凄くヒマです。
今はたまに早期羽化の♀の状態の確認をするくらいです。
お陰様で羽化したものは自己確保分を除いてほとんどが旅立って行きました。
まだ年末・正月期間中に15~20頭が羽化しそうな感じですが、加温して3カ月以上経過するのに無反応な呑気な♀も結構います(笑)



3月と4月は種確認の数頭だけでしたが、5月から本格的に投入を開始し、採れない♀は貧乏性のために産むまでペアリングしたために2カ月に亘りました。
オマケに予期せぬ早め交換もあって、5月から12月まで休むことなくずっと交換作業がダラダラと続きました。
来期は3期に集中できるよう計画的にと考えています。



今年は300頭の予定でスタートし、保険を多くかけたので400以上が孵化して多くの方に里親になっていただき、そして途中に、ガス中毒?酸欠?のSOSを放置で上まで逃げてきて落ちたもの、予定外の交換にボトル切れで引き取ってもらったのが数十頭、結局は総数300程(♀が多いように思いますが数えてないので総数適当です)に落ち着きました。



ここまでの経過を集計してみました。
本来ならば3本目交換終了時点で、と考えていましたが、まだ2本目のもの、すでに4本目のもあり、同条件での比較ができないのでキリの良いこの年末としました。




体重分布




予定外に10月交換したものと、7月投入の3本目を合わせて60頭以上、まだ年明けに交換予定です。
昨年よりも少し低温での飼育だったために、1本目不調だったのが、幸いにも後に盛り返してくれているのでチョッピリ期待しています(笑)
捕らぬ狸のなんとかですが、この中から35gオーバーが60頭くらいに増えて欲しいですね。
その半分の30頭が無事に85mmオーバーで羽化し、ビックリ箱が2、3頭あれば万々歳です。



この時期しか、こんなアドバルーンをブチ上げることができないのでここは寛大に大目に見てお許しください(笑)
スポンサーサイト

年内交換終了しました~

とりあえず今年の交換作業が終了しました。
まだ残りが♂5、60本ありますが来年まで小休止です。
色々あって4本へ交換、まだ綺麗な2本目に居座っているもの
盆明けからずっと作業が続いています。



ラストに♂10本交換しましたが・・・
1発目にわずかしかいない1501の♂の一番星をブスッと刺殺でスタートしました(笑)



全体的に1本目劣化と2本目劣化したものを比べてみると、我家では前者は盛り返していますが、2本目で大きくダイエットしたのは頑張っても最初に戻る程度ですね。
サンプル数が少ないので一概には言えませんが・・・



1本目ではトップか?と思えた1507番
減量分は戻っていますが、我家ではそれ以上は限界があるようです。
この日交換分では
35.0g→26.9g(-8.1g)→35.8g(+8.9g)
31.0g→25.9g(-5.1g)→32.3g(+6.4g)
36.4g→32.5g(-3.9g)→36.5g(+4.1g)



逆に1本目が不調で小さかったのは2本目が良質なら天井無しに伸びているように思えます。
この3、4カ月で勢力図が一変したようにも見えます。
ここへ来て1508と1511が大きく挽回しているようです。



前回にも触れましたが、試し産卵の4月生まれの1518は8カ月経過しますが、今回のもう1頭も、まだ少しずつ成長しているようです。
全てのラインがこのペースで伸びてくれれば文句ないのですが、成長期間が長いのはラインの特性なのでしょうか?
1518-2
♂847(yasukong氏1312)×♀532(ワイドカウ氏13YGC2)

18-2.jpg



ここからは、いずれもGull氏×B団で我家では好相性です。

1508-6
♂840(Gull氏1312)×♀512(YP1409-4早期羽化)

8-6.jpg


1508-8
8-8.jpg


1511-14
♂830(Gull氏1321)×♀540(YP1405-3早期羽化)

11-14.jpg


1506-1
♂840(Gull氏1312)×♀530(B団ガッタ氏13YG-㊤)

6-1.jpg

少しずつ交換してます!

年末年始は交換時間がとれそうにないので少しずつ交換しています。
今日も朝一にダッシュで♂10本程交換しました。



ダッシュで掘り過ぎたために、そこそこの体重のをブスッとやっています。
1回の交換で1頭ずつくらいやってしまいます(涙)



1本目が散々だったものの中には10g以上増えているのがいますが、これが最初から順調だったら?と、回復するとついつい欲が出てしまいます。








これは1本目では27gしかありませんでしたが、2本目はしっかりと喰えたようです。

B5 1505  
♂840(Gull氏1312)×♀525(ワイドカウ氏13YGA3)

B5-13.jpg







こちらは悶左衛門殿に種付けしていただいき、2本目が全敗で半ばあきらめていたライン
お試しで4月投入でしたが、まだ伸びしろがあったようで驚きです。

F18 1518
♂847(yasukong氏1312)×♀532(ワイドカウ氏13YGC2)

F18-1.jpg






龍さん里子幼虫からの早期♀はいい仕事してくれています。

このラインも24gや25gなど、怒りながら2本目交換していましたが、3本目交換では別ラインの様相です。
比較的遅採れで1セット目では体重が載った♀があまりなかったので早期をほとんど仕込んでいなかったのが悔やまれます。


B8 1508
♂840(Gull氏1312)×♀512(1409-4早期羽化)

B8-3.jpg

ナイスリカバリー!

昨日は6時でしたが、今朝は5時半起床でした。
そしてちょこちょこと交換しました。




1本目に菌糸が腐敗して救出し3カ月を迎えるものもあります。
前回も記しましたが、9月以降の菌糸は良好で昨年よりも綺麗な印象です。



まずはこちら
IMG_6630.jpg



1本目が救出で27gでした(涙)
親♀はうちの1405の早期羽化
我家初の87mmの同腹です。
あまり期待せずに掘りましたが、予想以上のリカバリーでした。



1511 ♂830(Gull氏1321)×♀540(1405-3早期羽化)
C11 1511-3









続いてこちらは我家の1409早期♀の仔
IMG_6633.jpg



奇跡の88mmUPが羽化しましたが、早めの計測だったので1ヵ月程おいていると、なんと★になっていた♂の同腹早期羽化♀です。
1本目腐敗救出31.8gから



1508 ♂840(Gull氏1312)×♀512(1409-4早期羽化)
B8 1508-1








あとはGoodな状態のボトルからです。



1503 ♂840(Gull氏1312)×♀530(Gull氏1303)
B3 1503-19



1510 ♂830(Gull氏1321)×♀539(shima氏H25-8)
C10 1510-3




最後は1本で40.4gだったおデブちゃんです。

1507 ♂840(Gull氏1312)×♀510(Goshin氏14年5番早期羽化)
B7 1507-7

3本目交換スタート?

ここまでは2本目で不具合があり、4、50日くらいのネガティブな交換でしたが、やっと9月初旬に2本目投入したまともなボトル交換を行いました。



野球の試合に行く息子につられて6時頃に目が覚め
♂12本を交換してみました。



これまでのようにフニャフニャの感触ではなく、力のいる堅い状態の菌糸は久々でした。



みなSシリーズ特有の真ん中の穴でじっとしていて食痕はわずかな状態で良好です。








A2(1502)がなかなか平均的にいい感じのようです。




1502-1 ♂835(Gull氏1309)×♀534(龍氏13YG03)
1502-1.jpg




1502-9 
1502-9.jpg




1517-6 ♂836(B団ガッタ氏13YG-㊤)×♀505(YP1408-2早期羽化)
1517-6.jpg

昨年よりも体重が載っているので、必ず不全がたくさん出ると思いますが、何頭かは無事に羽化して欲しいですね~






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。