2本目第2弾は良好

表題のとおり、まずは一安心です。
我家では採卵期間が約2カ月と比較的長期間にわたりましたので交換もダラダラと続いています。

早いものは盆明けから2本目交換スタート、遅いのは10月半ばでした。
しかし第1弾のボトルほとんどが不具合で3本目(2.5本目?)に交換、そして間もなく3カ月が経過するものもあって、だらだらとずっと作業が続いています(汗)

2本目ボトルの第2弾
これは不具合続出して種菌を変更されたものの最初の仕込品を飛ばしていただきました。
ここまで結果はGoodです。

ほぼ全滅状態だった第1弾でしたが、このロットは20本に1本程度の劣化で昨年と同レベルに思えます。
第1弾との違いは食痕
昨年もそうでしたが、我家の環境では1400では生きてるのかどうか解らないほど、食痕が出ない、出ても小窓程度。
もう大丈夫でしょう!

2本目第3弾は新菌+オガへ調整を施した物の1発目の仕込品、ここまでは見た目さらに良好に思えます。




神長さんのダウンは非常に心配です。
交換時期が一定していないので直前まで打ち合わせをしていました。
今期の我家はオール神長体制でもあり、今さら他所への段取りも諦めていましたが、息子さんから心強いバックアップの連絡をいただいてひとまずは安心しました。





2本目第2弾の交換時期の3カ月がもうすぐですが、劣化の兆候が現れて動きだしたボトル5本を交換しました。


じつは1本目交換報告では35gから画像をUPしていましたが、とある敏腕ブリーダーさんから「35で画像載せるのはウザいからヤメといた方がええ」とのご指摘を受けました(笑)
3本目からは38g縛りにします。



劣化暴れ救出でもこれまでと違うのは、全てが成長していました。
第2弾以降はもう大丈夫でしょう。



1509 34.0g→36.0g
1507 31.0g→37.0g
1511 27.0g→31.0g
1517 30.3g→33.0g




そして期待しながら2本目交換時には腐敗が多くて良いのか悪いのか判断がつかなかったライン

1505 ワイドカウさんA3♀(88同腹)からいいのが出てくれました。




ハカリをトントンしても、ゆすっても大台にはいきませんでした(笑)




1505 840(Gull氏1312)×525(ワイドカウ氏13YGA3)
1505-1



IMG_0063.jpg

赤い早期羽化

しばらくブログをサボっていましたが連投です。


我家では今期、能勢YG以外で南紀大島産の赤いコクワをブリードしていました。
約30頭のスタートで、もちろん飼育環境をわける事無くYGと同条件で菌糸はS3でした。


見事に全てが早期羽化しました(笑)
2本目に交換した途端にみなスイッチが入りました。
しかもS3では栄養過多なのか不全のオンパレードで完品は皆無でした(笑)



数少ない生き残りに『お食い初め』でゼリーをと思い、劣化で腐った菌糸を取り除くべく霧吹きを掛けてティッシュで拭き取ると、なんとおケツが収まっていました!



画像ではうまく表現できませんが種親に負けず劣らず綺麗な赤い色になっていました。
IMG_0049.jpg



IMG_0053.jpg











ライトを当てるとなんとか色が解るかと
IMG_0046_2015112500291585e.jpg



IMG_0052.jpg






来期は早期羽化させることなく、目標はデッカく56mmを目指したいと思います。
IMG_0022.jpg


デカくてマッチョ!

3連休初日の土曜日、5年生の娘と甲子園球場へタイガースのファン感謝祭に行って参りました。
毎年この日はお爺に任せていましたが、娘に「行く」と言ってしまい急遽仕事を休んでいきました。
息子は数年前から自身の野球の練習でそれどころではありません。
いつもチケットをいただく後援会の方の計らいで、開始前に数名の選手に会わせていただいて娘はご満悦でした。
普段はきゃしゃなイメージだった大和選手が実際はガッチリとしていたのには驚き、西岡もデカくてマッチョ、198cm、90kg超の藤浪投手は、まさに化け物でした。
みなさんと握手しましたが、特に野手の手のひらはマメで鋼鉄のような堅さでした。



IMG_0017.jpg



IMG_0013.jpg



アイフォンのカメラの状態がおかしくてこの2枚しか、まともなのがありませんでした。
最初のは全滅であとで見るとレンズに何かがこびりついていました。
金本監督の顔が歪んで写っていたのはショックでした。
球場では終始ビールを飲み続けて娘に怒られてしまいました(笑)


ブリードの方は
早期♀はまずまず順調なようです。
本日確認すると26頭が羽化していました。
仕込んだうち、蛹化していない残りの半数ほどをマットに移しました。



しかし今年は、先日にも記しましたが羽化を早めるべく高温で仕込んだためか、かなり小さめです。
概ね17gや19gから50mmそこそこなのがほとんどです。
早い者は週に2個のペースでゼリーをむさぼっています。





ようやくレスキュー2.5本目?への交換も終了し、久々に管理表も触りました。

つい先日、神長さんと大まかなボトルの割振りを電話にて打ち合わせし、追って日にちの詳細を連絡するところでした。
ご体調を崩されたようで心配です。多忙・心労が重なったのかと


8月投入の第1弾で救済をまぬがれた組がもう間に合いそうにないので、本日20本程を知人に引き取ってもらいました。
それほどデカいのは居なかったのですが先ほど連絡があり、交換すると数頭が35gを超えていたとのことでした。

今期の我家はオール神長さん体制でこの時期に振り替えも難しいと思いますのでこのあとがどうなることやら・・・

とにかく一日も早く回復されることを願います。

3本目交換と早期羽化

久々のUPでもうすぐ広告が出るところでした。
実はテンプレートの触り過ぎで支障をきたし、記事更新ができなくなっていました。
サイバーお助けマンに修理してもらい治りました。

昨日のGullさんの記事にもありましたが9月中旬からのボトルは好調です。
しかしそれ以前のボトルは惨敗です。
1ヵ月半くらいでOUT!
早くも50本程を3本目へ交換しました。
1本目が好調だった早めの投入組がこのロットに大当たりしました(笑)
管理表が別ラインのようになりました(笑笑)




♀の早期羽化は50頭以上仕込みました。
久々に確認すると16頭が羽化していました。
蛹しているのも同じくらいの数です。
昨年よりも幼虫体重が概ね2、3g重たいのを使用していますが、今年は当初から超高温で仕込んだ為かサイズは同等か小さいかもしれません。
その分早く羽化してきたと思います。
昨年は大きめのサイズの早期羽化♀の採卵に苦労したのでこれで良しと考えています。







3本目交換に戻りますが
2本目の劣化は初令と違って外見ではボトルが綺麗な状態から幼虫がモゾモゾとしだしました。

IMG_6335.jpg

この画像のように回り出すと手遅れでした。
中は水分過多でほとんど菌糸がありません。
8g程ダイエットしたのもいます。




居食い状態から急に離れた場所に小さい穴が開いたのを交換すると下部の方が劣化し、同じような状態でした。
このパターンは微減、微増です。




試しに動いていないのを掘ると居食い部屋にいましたが、部屋の周りは微粒子ではなく、大きめのチップは菌がまわっておらず、喰い残して部屋下に溜まっていました。
底の方からは劣化が始まっています。
このパターンは体重が増えていましたが、間もなく劣化が目に見えており、9月以前のは結局ほぼ全交換しました。