上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスト羽化・間に合うか?

2月1日追記
男タケセイヨウさんはじめ、皆さんより貴重なご意見を頂戴し、種確認のテストは中止することとしました。(前脚1本マヒの1321だけは試します)(^.^)/~~~



早期羽化のラスト♀がようやく羽化しました。
この♀は無神経なのかしぶとくて
早期収容所に移動後、暴れる事無くじっとしていました。
中で喰っていたのか?デカいです。
54mmの♀を横に置くと同じくらいあります。
縮んでも52mmはキープしそうな感じです。


1411-1yasukong氏1225インライン)
親バカですが、なかなか綺麗で写真うつりのいい娘です。
1411-1.jpg



両親はyasukongさんとワイドカウさんのコラボライン
ギネス88と同配合の871×866インのインライン

今季使用したいのですが、心配なのが成熟時期です。
スケジュールを考えるとあと1カ月早く羽化して欲しかったです。

1月30日羽化
4カ月後で6月初旬種付け、ボトル投入7月
5カ月後で7月初旬種付け、ボトル投入8月

羽化後は常夏ハワイでキャンプインです。
4カ月でエッチになってくれるのでしょうか?
アドバイスお待ちしています。(←マジです)



☆スケジュール☆ 備忘録として

各♂に5♀くらいつける予定
不発弾があるとえらい事になってしまうので種確認として各1♀ずつ2月中旬にセットして3月中旬投入。

本番(グリードSL)※テスト組はDR材
3月中旬ペアリングスタート
4月中旬セット
5月中旬割出、投入

全て同時期は後の対処が大変なので早期羽化は1カ月遅れ

テスト(DR材)
A:835mm(Gull氏1309)×530(うさもんち氏B2)同腹871
B:840mm(Gull氏1312)×530(E種♂同腹)同腹861
C:830mm(Gull氏1321)×539(shima氏25-8)同腹864
D:830mm(バナマロ氏13-2)×520(団長氏本家1104種付♂♀858×50%)
E:836mm(ガッタ氏13㊤)×518(バナマロ氏13-3)同腹869
http://yuipapapa.blog.fc2.com/blog-entry-72.html
テスト後には通常組と再スタート

卵は各3~5個でOK・・・余剰はポチっと?w
スポンサーサイト

15年ラインナップ

やることなくてブログネタ無しと言いながらも連投です。

一応来季の布陣が出揃い、組合せも大まかながら決まりつつあり
自己確認用にラインナップ(予定)を・・・と
番号はニョロが出てから割振りします。
はたして、この中に当たりクジはいくつあるのでしょうか?



A83.5mm(Gull氏1309)同腹865×2
B84.0mm(Gull氏1312)同腹860×2
C83.0mm(Gull氏1321)同腹860×2
D83.0mm(バナマロ氏13年2番)同腹872
E83.6mm(ガッタ氏13YG㊤)同腹862 異腹881


・53.0mm(Gull氏1303)
・53.0mm(Gull氏1307)
・53.0mm(Gull氏1311)
・52.0mm(Gull氏1320)
・53.0mm(Gull氏1328)
・53.0mm(うさもんち氏13B2)同腹871
・52.5mm(うさもんち氏13B2)同腹871
・53.0mm(おおくわ80氏)とも氏里子ライン
・53.4mm(龍氏1303)同腹855 yasukong氏1105種付けライン
・51.2mm(龍氏1309)同腹840 yasukong氏1002種付けライン
・51.1mm(龍氏1309)同腹840 yasukong氏1002種付けライン
・51.8mm(バナマロ氏13年3番)同腹869
・53.0mm(ガッタ氏13YG㊤)同腹862 異腹881
・52.0mm(団長氏13D30)yasukong氏1104種付けライン
・53.9mm(shima氏H25-8)同腹864 80系100%
早期羽化
・51.0mm(Goshin氏14年5番) ワイドカウ氏12A5アウト プレ当選
・51.2mm(1409)(龍氏851×552) 866系
・54.0mm(1405)(とも氏860×506) 858系
・50.5mm(1408)(B団団長852×510) 異腹881
・53.0mm(1401)(銚子オオさん843×550) ワイドカウ氏12C5アウト
・51.1mm(1402)(銚子オオさん843×530) ワイドカウ氏12C5イン
・53.5mm(1410)(gold氏852×544) yasukong氏1225×1203
・1月末羽化(1411)(gold氏831×530) yasukong氏1225イン


掘り出し物

この時期は何もすることがなく、ヒマですね~
飼育数が少ないので尚更です。同時にブログも新鮮なネタがありません。
ニョロ達も極寒で動かないのか、ほとんど食痕もなく、見ていても面白くないです。
ヒマなのでブログのバックと文字の色を変えてみましたが、自分でもまだ慣れません。



本題の掘り出し物ですが
仕事先の方が建替え工事のために処分するものを見ていると冷蔵庫が置いてあり、あまりにも綺麗なのでいただいてきました。
約80Lの小型で予備用の800ボトルが10本、1400ボトルが5本で満室です。
あとは種の寝室にと・・・


IMG_3170.jpg







徐々にですがブリアイテムが到着しています。
定番の川口商会さん

1月24日追記
従来品の特選マットよりさらに超微粒子、添加剤なしの特Aとの半々の1ケースにしてみました。
IMG_3168.jpg



メインはグリードSLの予定ですが、予備のDRさんからのAL材も1ケース到着し
そしてパワーホワイトゼリーが届いていましたが、開封せずに放置していると、昨日ECさんからメールが
「中身を間違えていませんでしたか?」
開けるとLEVIN−G800が1ケースでした。
到着時に「メッチャ重たいゼリーやなぁ」と思っていたらやはり違っていました。


早速、本日返送のためにクロネコさんに集荷に来てもらうと同時に正解のゼリーを持ってきてくれました。
中を確認するとご褒美にパワーブラウンゼリーが1袋分プラスされており、得した気分になりました。

今年はプロゼリーより少し硬い(あくまでも私の感覚ですが)パワーホワイトゼリーでいってみます。

スイッチ故障?

皆さんの経過報告をのぞき見すると凄まじいですね~

我家では早期羽化組で蛹室の中で2カ月程寝ころんでいた幼虫が蛹化していました。
スイッチが故障したのか?こんな事もあるんですね。
てっきり★になると思っていました。

しかし2月羽化で間に合うんでしょうか?
とりあえず、ダメ元で強制熟成させてみます。






もう一つスイッチが故障していました。


3本目交換も残すところ8月孵化組となり2月頭までのんびり
来季の組合せを妄想する毎日は暇で暇で・・・

しかしGullさんの管理表にはビックリしましたね!
何頭の85UPが出るんでしょうか?


昨夜にそれを眺めていると私にスイッチが入りました。


先程、♂の残り12番をホリホリしました。
初期投入から160日、予定より20日程早く


勇んで掘り出すと

最初の2本は蛹!ホンマかいな!

あとのは金太郎飴みたいに同じような形・大きさで全て31g・32g
現実に引き戻されました。

これで♂全ての3本目が終了しました。(皆さんの1ライン程の数ですが)


    39g     1頭
    38g     2頭(あと1頭刺殺が悲しいです。)←未練がましくてすいません
    37g     1頭
    36g     1頭
    33g     1頭
    32g     6頭
    31g     6頭
    30g     3頭
    不合格  3頭
    合   計24頭

一昔前は25gの幼虫しか見た事が無く、数年前に子供にコクワを買ったのが最後で浦島太郎ですが、上位のは羽化できればラッキーくらいに考えておきます。
あとは30前半の面々がどこまで伸びてくれるのか、このクラスが確実に羽化して欲しいです。

気になる点は上記24頭に含んでいませんが、遅生まれの留置所(虫家)の連中が3頭も蛹化したこと、体重も乗る前に・・・来季の課題です。

もう1点、来季に向けて私のスイッチを修理しておきます。

これからしばらくのんびりした冬を過ごします。

12gから羽化

早期羽化組の中で最下部に蛹室を作っていた蛹を他の羽化した蛹室に移動した際
試しに体重を測っていました。


その時の体重が12g超でした。
おそらく蛹の後期だったと思います。


羽化してそろそろ固まった頃なので計測してみました。
蛹はこの1頭しか測っていないので基準がわかりませんが
結構いいサイズで羽化しました。


10番 852(yasukong氏1225)×544(yasukong氏1203) gold氏幼虫
1005.jpg


535.jpg



幼虫は重たい体重から期待しても50mmそこそこだったり
14g前後から50mmがでたりあてになりませんが
蛹の体重はどうなんでしょう?

でも蛹は怖くてなかなか測れませんね。



ボトルのシールに書いた数字を管理表に移す際、結構誤記があり訂正しました。
この個体数で間違うと来季が心配です。慎重にいきます。

証明書

1月9日追記
管理表に早期羽化状況を更新しました。
その2
私に依頼する勇気ある方はおられないかと思いますが種付証明書もついでにUPしました。



3本目の交換も残りは8月投入組のみとなり、しばらくはのんびりできそうです。


♀の早期羽化も体勢がほぼ決まりました。
蛹室を作成してから未だに約1カ月そのまま蛹室で寝ころんでいるのもいますがこれはアウトでしょう。


妄想しながらも来季の組合せもぼんやりとですが固まりつつあります。
おそらく15ラインくらいの予定でそのうち2割程度は不発撃沈を覚悟しています。



早期組の使用は今のところ5~6の予定で他は固まった娘からポチっとしていただこうと考えています。
人生初の経験で少々不安ですが・・・



お譲りするからにはマガイモノでない証明が必要なため、皆さんのを見様見真似で証明書なるものを作成してみました。
★証明書(成虫)





こちらはついでに幼虫用です。
★証明書(幼虫)





種付
★証明書(種付)




やはり自分は先の世代まで気になるのでこうような形になりました。
こんなものでいかがでしょうか?

あと質問ですが、皆さんはゼリーを♂と♀でサイズ(16g・18g)を分けていますでしょうか?



嫌な手ごたえ

本年1発目の交換を行いましたが、これまでで一番残念なホリホリでした。

結果ですが
31g×2頭
32g×2頭
蛹×1頭
★×2頭

当初の計画では3本目は180~200日での交換を予定していましたが、この日のホリホリは157日、160日、167日と前倒し
理由は皆さんの報告を見ていると我慢できずに病気が出てしまいました。
これは来季の一番の課題かもしれません。
4頭は軽いですが、早目で成長途上と都合の良い方向で考えております。



さて本題の残念な理由はこちらです。
2番ワイドカウさん12C5インライン

206刺殺




食痕が底の方にあったので上部を無警戒で掘ると、嫌な手ごたえがありました。

頭部を一刺し!

刺殺してしまいました(>_<)
画像の頭部から吹き出す様子が見えますでしょうか?

最初、秤に乗せた時は38gを越えていましたが、体内から白いものが大量に出てきて、しばらくボーっと眺めているとg表示が消え、皿を拭き取り再計測すると画像の35gへ減量、長さも見る見るうちに縮み、間もなく動かなくなりました。

2番は♂3頭のうち、2頭が早期蛹と★となり、残り1頭のみとなりました。
C5インは里親さんの所でも好調なようなので非常に残念です。
http://blog.ookuwagata.org/archives/1836664.html

撮影用に年末に卒業宣言した、たかみなの背景アイテムを用意していたのに次回に持ち越しです。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。



昨年を振り返ると
ここまでは予想以上の途中経過で自分でも戸惑ってます。
しかし羽化してナンボの世界なのでそう甘くはないと自覚しております。
序盤にボトルを触って眺めすぎたのがどう影響するか・・・
来季は「静」を貫きたいと思います。


私の本業の不動産業界はと言いますと
アベノミクスによる世間の景気向上感覚、株式はじめ投資関連の相場上昇に伴い都市部の地価上昇
しかしながら庶民・エンドユーザーの感覚は先行き不明、30年を超えるローンの支払いに慎重になり「待ち」の態勢の中での消費税増税

要約すると地主さんは地価上昇感覚、購入層はやや買い控えの様相であり、物件の仕入れ値は高騰気配で、ユーザー側は大阪でさえ販売価格は頭打ちで「良いものを安く」・・・
如何に良い物件を仕入れるか、自分にとっては勝負の年となりそうです。




クワブリの方も負けず劣らず勝負の年と考えています。
幸いにも来季の良い種をお譲りいただき、言い訳できない体勢で挑むことができそうです。
不思議な事に本業の仕入れは感覚重視で意外と簡単に決めてしまいますが、種の方があれこれ考え、慎重になってしまいます。

来季の目標は大きく85UPを各ラインから出してみたいですね。
皆さんは半値八掛けと思っておいてください(笑)

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。