補強最終便!

IMG_7985.jpg





Gullさんから早期羽化の♀を譲っていただきました。
来季の補強はGullさん、ともさんのお二方からのみです。
ともさんからの個体は後日にご報告させていただきます。



Gullさんから早期羽化を仕込んだリストを拝見した時、一瞬『全部もらおうか?』と阿保な事が頭をよぎりましたが、うちで血が濃くなりすぎないのをチョイスしてお願いしました。




1708 53mm
Gull1708 530


1709 52mm
Gull1709 520


1712 53mm
Gull1712 530


1713 52mm
Gull1713 520


1718 52mm
Gull1718 520





Gullさんからは春にも5頭いただいておりますので、来季は頑張ってもらいます!!



冬眠終了

18年度の種♂も無事に冬眠を終えました。


一応、予定している♂は下記のものです。
『捕らぬ狸のなんとか』と言いますが、20ラインで300から400程度
成功率70%として30セット程を組もうかと考えております。
1♀か2♀しか付けてあげられない♂もいるかと思いますが、数を絞り込めるようであれば考えてみます。
逆に追加もあるかもです(笑)

①88.6mm 1602-4
②88.5mm 1612-1
③88.1mm 1506-1
④87.9mm 1601-19
⑤87.7mm 1620-4
⑥87.6mm 1606-4
⑦87.4mm 1709-4  ※早期羽化
⑧87.2mm 1616-10
⑨87.2mm 1619-12
⑩87.1mm 1609-15
⑪87.0mm 1602-14 ※上下顎ズレ 右88.2mm 左88.1mm
⑫85.6mm 1702-12 ※早期羽化
⑬85.0mm Gull氏1608
⑭90mmB 1605-17



886 1602

来期の種親

幼虫投入を終え、面倒な新成虫の掘出しも終了すると、種♂候補としたコンテナの虫を触っています。
2カ月経つと当初の印象とまったく変わって、「カッコええ」と思うのもいれば、別のコンテナへ移動する個体もいます。
下位のコンテナの虫の中でも、流れ作業でサイズだけで判断していた虫をよくよく見直すと、VIPのコンテナへ移動するのもいます。
優柔不断なので、春までこんな事が繰り返されます。







この時期、変わらないのは恒例の新しい『血』です。
今年も同じルーティンです。
コレ無くしてスタートできません。



自分はいつも3本目の状態を確認後にある態度は確定しています。
結果で判断するとそれまでの妄想が全て飛んでしまう性分なので・・・



それでもミーハーなライン主体となってしまいました。
逆に言えば、最強引いたと思っています。



幸か不幸か、今年の我家での種候補の順番から行くと、大概が濃くなりそうもないので、組合せの妙で悩まないのを消化不良にも感じています(笑)
しかし他の良績ラインはあまりにも被り過ぎるので断念しました。
まだまだ18年までは日が長いので、掘出しモノのおかわりを冬まで妄想してみます。






まだ寝ぼけてポーズを決めてくれないので、今回は管理表のみご紹介です。
個体の方はあらためてシャワー浴びて、化粧してからご披露します。



第1弾は文句の付けようが無く大満足です。



今年のスタートもGullさん血統!!


1608850.jpg



1608550.jpg



1605540.jpg



1615540.jpg



1619540.jpg