上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2本目へ交換

2本目への交換も♂(たぶん)と思われるのは交換終了しました。
投入前にプリンカップの幼虫をひっくり返したために200数十頭と予定の半分程になりましたので楽に作業ができました。


菌糸の方は劣化したのは見られませんでした。
神長さんとも話しましたがオガの量を増やした堅詰めの影響か、それとも昨年よりも涼夏での環境の影響か全体的に見て控え目な体重だったと思います。
30g台前半も結構おり、満たないのも散見されます。
柔詰めや微粒子で最初からブクブクと肥満体になるよりもOKかな思います。
3本目時に伸びなかったら単なる配合ミスでしょう(笑)
全体的にまだ体色の白っぽいのがほとんどなので奥手であることを願っています。

40gを超えたのは以前にご紹介したのを含め3頭でした。


上の画像のは細くてとにかく長く、下のは太くてまん丸です。
どう影響するのでしょうか?


1709
1709-2.jpg



1710
1710-9.jpg




※前回の記事に関してフリーメールを数件いただきましたが、抽象的な質問および知らない方への返信は控えております。
ご理解願います。

スポンサーサイト

交換してます

しばらくココを放置していたので広告が出ておりました。


サボっていたわけではなく、幼虫投入・新成虫掘出しを終えると何もやる事もない時期です。
掘出し時に呑気に幼虫していたのも、マットに入れて過酷な常温下にさらしていると何頭かが羽化していました。
通常組とは2ヶ月遅れの羽化と思いますが、さすがに暑くて喉が渇くのか、みな早々とゼリーを貪っています。







お盆は伊勢神宮へお参り行ってきました。
いつも思うのですが、広大な敷地の割には本殿が異様に小さく感じます。
IMG_1405.jpg




今回、息子はクラブの合宿で不参加で三人旅でした。
娘の「伊勢海老を思いっきり食べたい!」との要望で、少し離れた漁師町で宿をとりました。
ココは何度も利用しているのですが、いつも至福に浸らせてもらえます。






1人1匹ずつ伊勢海老の刺身
IMG_1409.jpg


もう1匹を半身はネーズ焼きでもう半身を一人鍋
ebi.jpg


別に刺身船盛
アワビが小さく見えますが、ヒラメがデカすぎるからです(笑)
IMG_1410.jpg


そして特大アワビの踊り焼き
IMG_1414.jpg


さらに前で焼く焼き物が何度も入れ代わり、天婦羅、〆は各自で炊くウニ飯
魚介類の大食い王決定戦のような感じで、当然比例して酒も進み過ぎました。


翌日昼も懲りずに海鮮丼(笑) 
IMG_1420.jpg












幼虫もボトル投入後3ヶ月経過したのもおり、何本かを2本目へと交換しました。
例年2本目以降はS3を使用していますが、今年は変わっています。
いつもどおりS3を指定していたのですが、電話で日程の打合せ時
「今から仕込むから今年はこっちで行こう」神長さんの鶴の一声に乗ってみました。
さて、吉とでるか凶とでるか?
普段でも他所より堅めの「S」ですが、さらに重たく堅い仕様で食いが遅い感じです。



そして今年はあえてエア攪拌せずにラック上下の温度差の違いを利用して比較しています。
2度ほどの違いで結果も違いました。
ラック下部のは30g台前半のがたくさんいます。
ただ♀は差が無く育っているようです。



1706
IMG_1427.jpg



幼虫のカップを蹴り飛ばして、飼育数が見込みの半分程度になったので景気の良い幼虫を見る事が少なくなると思います。




17年度ライン

今年度のラインが確定しました。
クマモンさんの材で延約50セット組んだのですが、ストックの山に蹴りを入れた事故?のおかげで予定していた半分程のラインと頭数となりました。
念には念にと、早期羽化の♀は少しだけ時期をずらしてセットしましたが、それがほぼ壊滅でした。
11月羽化のをたくさん仕込んだのですが・・・

前回での報告以来、幼虫の問合せを数件いただきましたが、ご期待にそえずお断りして、予定されていた方々には申し訳ありません。

事故?直後に悪あがきで3番、5番、8番をセットしましたが、7月中旬になると初回より2カ月開くので、投入するかどうか迷っています。


17年度ライン
1. 88.1mm(1506)×54.0mm(Gull氏1506)
2. 88.1mm(1506)×54.0mm(Gull氏1530)
3. 88.1mm(1506)×54.0mm(マサレッド氏1504)
4. 88.1mm(1506)×55.0mm(HS氏1509)
5. 87.3mm(1511)×55.0mm(HS氏1503)
6. 89.1mmB(1503)×55.0mm(1601)
7. 89.1mmB(1503)×52.3mm(yasukong氏1515)
8. 84.0mm(Gull氏1506)×54.0mm(Gull氏1502)
9. 84.0mm(Gull氏1506)×56.5mm(1506)
10.84.0mm(Gull氏1506)×53.5mm(1606)

※詳細はこのブログ右上側の『2017年度Line』をご覧ください。









一応掘出しを終えましたが固まり待ち含めて、ここまでのを上回るおめでたい個体は出ておりません。
反応遅いのは、例年まともなのがいませんので期待していません。




886と同じ1602から87mmが羽化していました。
残りも86mm台と85mm台なので、ここが一番良かったようです。


870(1602-14).jpg




割出しました。

みなさまご無沙汰しております。
仕事に追われてしばらく作業時間がほとんどありません。
ゴールデンウィークも休み無く働いておりました。


うちでは4月からセットしております。
早期羽化♀は一番の遅い羽化でも11月のを使用していますので、例年よりも早めで5月までにほとんどセットしました。
今年は全てカワラ材の1本組みです。
基本的に再ペアリングをしない予定です。
産まなくても再セットはすると思いますが・・・


種♂がペアリング中に★になったり、♀がギロチンの刑に合ったりと波乱も起こっております。
★になった♂は長期間放置しすぎたせいか脚を何本か千切られて、腹に穴があいていました。


久々に時間が空いたので一つ割出しました。
第1弾なので、産卵痕の景気良さそうなのを暴きました。
♀親はGullさんの1530です。




IMG_1084.jpg

4月20日セットなので幼虫は半分に満たずに大半が生卵でしたが、40を超えていたので、少々戸惑っております。
因みに割出す前に2セット目に入れてしまいました(笑)

見た目の良さげなのを選んだので、この後は不発も多々出てくると思います。

スタートしてますw

サボり癖がつくと中々ブログも更新しないようになります。
前回よりもうすぐ約1ヶ月経過しますが何かと色々動いております。



WBC侍ジャパンの無傷6連勝での突破には驚きました。
IMG_1057.jpg

強化試合では我タイガースの1軍半のメンバーに完敗でどうなる事やらと心配しておりました。
タイガース側の内野席にもかかわらず、ジャパンユニホーム進呈されても着るわけにもいかずに困りました。
周りもほとんど着ていませんでした。
カブり付きの内野席だったのですが全体が見渡し辛く、やはり少し上の方がテレビではわからない野手の動きを見れていいです。











昨年から地元同業のブリさんと月1程の頻度で定例会?のようなものが続いています。
仕事の話、タイガース、ついでにYGの事
名目作ってグダグダと一杯やっています。
もちろん、お呼出し掛かると悦び勇んで馳せ参じています(笑)
体力、気力?、酒欲、○欲も旺盛なtoplegendさんなので、毎回がハードでペース合わせて付いているのが大変です。



今月の定例会にはレジェンドなお方がご一緒してくださいました。
東京からGullさん!
事前には「何を教えて貰おうか」といろんな事を考えていましたが、いざその時になると、そんな事はアルコールでどこかへ行っていました。
やはりブリードに対する熱意はスゴい方です。
この妥協しないスタイルは見習おうにも中々真似できません。
3人ともに虎キチなのでブリの事含めて話が超ヒートアップしました。
おネエちゃんのとこに行ってもこんな事は話せないので、移動も野郎のみの場
延々と8時間以上も話し込みました。
タップリとレクチャーいただき、BE-KUWAを数年分まとめ読みするよりも遥かに価値ある時間でした。


やはりこういう場ではモラル、マナーの話が出ます。
一度一線を外すとなかなか元へは戻れないようです。


今回は何も物にも代えがたい貴重な時間でした。
Gullさん、TLさんタップリと楽しませていただきありがとうございました。









さて表題の件です
うちでは通常羽化♀のペアリングは一通り済ませました。
一番早いモノは1ヶ月前に済んでいたので、試しに残り物の材で組んでみました。
IMG_1068.jpg


3日間ですが、思いのほか元気でした。
一日平均4個ほど産んでいたようです。
その卵を早期羽化♀の促成室に入れていましたが、かなり早く孵化してきました。
セット初日に産んだとしても12日間で羽化した計算になります。
881に無事種があったので一安心です。
もうたくさん付けていたので、無ければオオゴトでした(笑)










881(1506-1)×550(HS氏1509)
IMG_1071.jpg






最近ちょくちょくお問い合わせをいただきます。
今回、話し込んだ中でも出ましたが、3令幼虫の譲渡については考えておりません。
ボトルに触れる、ゆするのも気を使うこの時期に輸送する事で良い結果は出ないと思います。

使用済み種も同様です。
ライン管理しているブリーダーの大方が同意見かと思われますが、把握できないところで種が活動すると自己ラインがどうなるのか?と考えています。

急遽撤退する時には大放出するかもわかりませんが・・・






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。