FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中々うまくいきません

思うようなのが現れずで上の方にいるブリーダーとの距離を感じます。
常々40g超える幼虫は2割羽化できれば上々だと言われてきましたが案の定、軒並み不完全で羽化しております。


予想の範疇内ですが、完品は2番手もしくは3番手集団の体重からが大半です。
また、3本目交換時にダイエット・体重増やせなかった幼虫も前年度よりも倍増して昨年見なかったような小さな個体も多数でています。


♀については、3本目がカンタケ移行時期であり、そのままヒラタケで通して劣悪状態で羽化させたので、20gや19gでも56mmや55mm台と前年よりも2、3mm程小さく羽化しています。






ここ2年くらい進歩していませんが・・・羽化報告です。




今年、90mm、89mmを連発しているToplegendさんには控えめに固まって縮んでも88半ばくらい確保と伝えていました。
5月後半頃には89より少し上の数値を確認していたのですが、いざ固まって確認すると方顎の先が欠けてました。




羽化して1ヶ月でフタを齧るな!!!1703 顎欠







1本目32.0g、2本目35.5gのノーマークな個体でした。

IMG_0268.jpg







88mmとして使用します。

1703-20
88.1mm(1506)×54mm(マサレッド氏1504)

880 1703-20





もう1頭、同ラインですが


1703-21
88.1mm(1506)×54mm(マサレッド氏1504)

882 1703-21





ブリードを休止された貴重なマサレッドさんの883直仔個体なので、なんとか血を絶やさないようにしたいと思います。


スポンサーサイト

初のカンタケ羽化

17年度は予期せぬ事態で3本目の仕上げボトルがカンタケとなりました。
耐熱上限にリミットがあるので『冬』は厳冬になりました。

当年度は幼虫の確保時期にトラブルで予定の半数以下になり、2本目ボトルが『?』な感じで予期せぬ早期羽化多発となり♂の総数が2桁と、少数精鋭
もしかすると、早期羽化してしまった♂87.4mmが最大個体では?と危惧、覚悟も(笑)

当方では、よそ様よりも1ヶ月くらいサイクルが早めなので早いモノは1ヶ月前くらいから羽化しているようです。
外見で確認できるものから時期を鑑みて掘りました。




カンタケは初めての経験でしたが、見た目の大半がキナコのような色になり、途中で神長さんと何度もやりとりしました。

この画像のボトルも中身はOutじゃないかと覚悟していました。
IMG_8101.jpg





外観では劣化したような変化が見られましたが、掘出すと内部の劣化はさほどなし
PPボトル接面とオガの間に数ミリの被膜が形成されており外側のみがキナコ色で、半年経過していますが、オガの湿度は十分に保たれており、まだ食える状態のように思えました。
IMG_0188.jpg


IMG_8100.jpg




月初に羽化したのを確認した時には、黒いことだけしかわかりませんでしたが、固まったのを見計らって取り出すと、予期せぬなかなかの個体でラッキーでした。




88.7mm 1706-7
89.1mmB (1503-19)×55mm(1601-8早期羽化)
IMG_0183.jpg






こちらは父親ですが、体躯中心に変な線がある以外はコピーのように息子そっくりです。
Gullさんの1312、ライン成績は平均レベルに達していなかったのに後継では、我家・本人さん宅を見てもスーパーな種のように思います。
89.1mmB (1503-19)
891B 1503-19



88.3mm 1706-1
883 1706-1




残りの♂数十頭でこれを超えるのが出てくれたらよいのですが・・・
今年羽化は高望みせずになんとか種親の確保を願っています。


産卵セット開始

ブログを長らく放置していましたが、今年もブリードはスタートしており、1セット目の割出しを終えました。
現在まで、200くらいの数をボトルに投入しました。
いつまでもトップ記事が辛気臭い個体詐欺の件では、自分が見てもテンションが上がりません(笑)


嬉しい報告をいただきました。
うちでペアリングしたラインを飼育してもらったToplegendさん宅で89.6mmが羽化!
なんとかあとに続きたいところですが、そんなに簡単にはいかないでしょう(笑)

TL1722.jpg




オオクワガタのブリードを開始して20年以上経過しますが、能勢YG血統は5年目となりました。
特に早期羽化♀ラインの雲行きがよろしくない状況です。
基本的に再ペアリングは行わない方針ですが、このままでは成功率は6割程度になりそうな感じです。
幼虫のリクエストいただいていた何名かの方には不発でお断りのお詫びご連絡をいたしました。
そんな中、初めて早期羽化の♂個体を使用しましたが、無事に幼虫を割出しました。







前回書いた件ですが、ゴールデンウイーク明けの時間が空いた期間に行動して解決しようと考えていましたがまわりの人達から、「投入、羽化が過ぎるまでやめといた方がいい」と意見され、ストレス溜まりますがもうしばらく自制します。


能勢YG血統を個体補強の際に『B団 とも』と名乗る人物に思いもよらぬ詐欺行為に会いましたが当人は今期、種無し個体においては別個体を保証するという、神対応を開始したようなので、自己のミスで2頭混在した件には勿論、常識的な対応をされる事かと思っています。
https://blogs.yahoo.co.jp/yamato806825/29226008.html
上記ブログのとおり、コメント欄も削除し、なぜかPCのメールアドレスも変更したようなので、直談判しか方法はないようです。

ご心配お掛けしております。

様々な方々から喧嘩・紛争を心配され、休戦要請のご連絡をいただきますが、決して揉め事ではありません。
取引の完結履行、義務の履行を依頼しているだけです。
ただ、相手方が途中で逃げてしまったのでどこまでも追いかけざるを得ないと状況となっています。

まわりの方々からは「力のある集団の一員なのでやめておいた方が良い」と言われますが、どの相手でも同じ対処であり、かつ自分を欺いている相手は一個人です。

当初に相手方が自分に対して集団名をハッキリ書けと言い放っていましたが、逆に良識ある仲間の方が出てきてくれた方が解決する可能性が少しはあるのでは?と今では思います。

全く意思疎通ができない難解な相手なので、少しでも理解できるようにと、このブログのトップ画像をAKBに変えようかとも考えましたが、まわりの人から「年齢を考えなあかん、恥ずかしいですよ」とストップを掛けられて恥を晒さずに済みました。

相手方は他所で自身の都合の良いやり取り部分だけを『証拠』?として公開していますが、真相をわからず誤解している方がたくさんおられるようなので、ここに記すこととしました。

こちらでは思惑主体ではありませんので、事実をご覧ください。
なお、先方が関係ない個人名を出した部分については割愛しております。






10月初旬 個体到着
知人と同時期に購入し、知人の♀は当方で種付予定であり2頭とも当方へ発送依頼
クリアボトルで到着したのでそのままゼリー入れて飼育、不明な個体混入に気付いたのは後日のエサ交換時


その後の以下のやり取りは原文抜粋ですが、実名を出された部分は割愛しております。


当方:青時
相手:赤字



今朝気づいたのですが、全部で3頭おりました。
到着時に○○さんの○○mmは確認していたのですが、55mmは確認せず、ゼリーを与え続けていました。
すると一つのゼリーを2頭が喰っていました。
今は2~3週間ごとにエサやるくらいで、あまり見る事がないために発覚が遅れました。
○○mm、55mm、そしてもう1頭57mm台のがいます。
ラインがおわかりなら、57mm台をお支払いしてこのまま購入させてもらいますが・・・
ご連絡お待ちしています。



この時の57mmはノギス値ではなくこちらの目測


申し訳ございません。そちらに居ましたか・・(汗)
実は1頭メスが居なくなってるのに先週の土曜日に気が付いて、誤って捨てちゃったのかな・・・と思っていました(汗)
そちらのメスですが、860×565ラインの個体になります。
目立ったところでは86mm台×2頭、85mm台×1頭と、上位成績はぼちぼち普通なラインでした。
ですが不全が全く出なかったのと、他も84mm(1頭)・83mm(1頭)だったので、そこそこ安定して大きいのが出たラインでした。
※親♀565は、我が家で羽化した89.8mmの親♀と同腹姉妹です。
こちらのミスでお代金はいただけませんので、もしよろしければ○○さんか○○さんのいずれかで使ってやってください。
親虫の詳細は添付の通りです。
54mmと55mmに関しては間違いなく883550ラインの個体になりますので、その点はどうかご安心ください。
お手数をかけて、大変申し訳ございませんでした。



偽物
添付の血統表には『自ブリ』の表記が複数あり、自ブリ部分の確認の血統表をこちらで作成して送信
『わかるライン』は自ブリの部分を聞きたかったのもあったが、理解されておらず確認依頼した。


返信遅くなりまして、申し訳ございません。
相変わらず多忙でバタバタしております。
系統図の件ですが、流石血統マニアですね(笑)
完璧です。間違いございません。

少しお時間頂戴するかもしれませんが、時間が出来た時に譲渡証明も郵送させていただきます。
売る時になにかとうるさい輩も居るかと思いますので

↑↑↑↑↑↑
当方から証明書の依頼は一切しておらず、先方より譲渡証明送付の提案
以後も証明書の催促は一度もせずに管理サイズを教えて欲しい旨のみを発信
品川で本人に東京で会った時に聞いた話ですが、血統表作成の際に面倒な時は当方ブログのライン表を見て作成しているとの事



品川で対面したが、もちろん持参せず
事前に、もしも仕事の都合が合えば行く旨を伝達済



そろそろ来季の種親の整理を考えております。
そこで申し訳ありませんが、昨年にオマケでいただいた♀について、〇〇さんが管理されていたサイズをお教えいただけますでしょうか。
57mmとしようと考えましたが、今のご時世で種元さんと使用人とで異なる表記では足元すくわれる可能性もありますので・・・




返信なし
実計測すると59mm近くあったが、この時には相手が『把握できていない虫』との疑いがあり、先方には実寸は伝えず、管理サイズを聞く事のみとした。



何度も申し訳ありませんが、いただいた♀のサイズを教えて頂けますでしょうか。
当方の計測数値でブリードすると、あとあとに問題が起こる可能性もありますので・・・




返事なく無視され2週間後に再度通告
何度かご連絡しましたがお返事がいただけないようなので困惑しております。
何か不都合・ほかに真意がありましたら教えてください。
当方、ブリードプランが確定した現在も管理サイズがわからない状態のため、使用しない事としました。
今までは「証明書を郵送」という言葉を信用して飼育してきましたが、ここからは当方が飼育するのは趣旨が変わってしまうため、返却させていただきます。
対応よろしくお願いします。




同日返信あり
ここでは相手が個人名をたくさん出してきたので伏せます。
こちらの仲間との会合で会話を長々と妄想で書いたり、とあるブリーダーとの良好な関係を書いたり、当方のせいでアンチが騒ぐ等、頭が痛くなる内容でした。

当方からの連絡を無視したのは以下の理由からとの事
2月初旬頃に当方が相手方の批判をしたと判断して、自らの意志で連絡を絶っていた
↑↑↑↑↑↑
悪口を言われた思い込み、ムカついて連絡を絶つと決めたようだが、混入発覚からそれまでの約3ケ月間は何をしとったんや?

ここから原文抜粋
2週間ほど前に『譲渡証明』を簡易書留で郵送させていただいてます。サイズの方は57.0mmで登録させていただいてます。
返送不要ですので、虫の処遇についてはお任せします。
以後はご連絡いただいても返信等いたしませんので、こちらのメールへのご返信も不要です。




・書留は届いておらず、簡易書留の受領サインしていない
・先方の管理サイズを知りたい旨を伝えたが、当初の目測数値『57mmで登録』?← 当方は当初から一貫して先方での管理サイズを教えてほしい旨のみを通知していたが、こちらの目測値に合わせる必要があるのか?把握できていないのか?
・百歩譲ってこちらがムカつかせた責任があったとしても(一切ない)金取って、対処をミスしてムカつくまでの約3ケ月放置しておいて完了せずに連絡を絶つ?




この時点でブチ切れて、知人には「もうアウト、この詐欺師は直接捕まえに行きますわ」と言いましたが、「あと1回だけメールして、それからもう一回考えましょう。ここまで待ったんだからもう少し待てるでしょう」と諭され
はらわたが煮える状態ではあったが、我慢してまだ大人の対応をした。



簡易書留で発送されたという『譲渡証明』は届いておりません。
書留には、『書留・特定記録郵便物受領証』が発行されているので発送から到着までの記録をご確認されてはいかがでしょうか?
しかしもう再送は結構です。
連絡を絶たれた事で他に意図あるとは想像していました。
どう受け取られるかは自由ですが、○○さんに対する悪意ではありません。
私もバカではないので補強した先であり、ましてやデータを依頼している相手方に対して、潰しを入れて自らの首を絞めるようなことをしません。
返信不要との事でしたが私の意図しない内容なので書きました。
こちらの本意ではない『○○さんへの攻撃』との認識により、いがみ合ったまま互いに拡散して状況が悪化していくのは最悪の事態かと思います。




周りの人達に諭されて散々譲歩してきたが無視されたので開戦決定
まさか他所で内面を貴乃花親方に例えて揶揄されるとは・・・



予想どおり無視を通されるようですね。
反応しないという意志の確認はできたので、自身が「2度と連絡しない」と吐いたとおり、伝達不可の状況によるこちらが発信する事案について、今後は一切の反応無きよう通達します。
重ねて他者へ当方に関する一切の言動はお断りします。
あなたが事を破った場合には、通信ではなく会いに行く対応を取ります。

同時に相手が如何に間違っているかを厳しく(すぎる?)指摘


メールでの返信を逃げられて、それならばとの他所での当方への発信拒否通達を破られて誹謗中傷される。


この結果を受けて当方は、相手方が「ミスで混入した」と言って複数頭が到着し、うち1頭のみの情報しか得られない状態で逃げられてしまったので、どちらも『無印』の不明個体とせざるを得ないと判断しました。


まわりの良識ある方たちからも、「2頭とも使用すべきではない」との忠告
中には過激に「両方とも〆」等々・・・


以上がこれまでの経過であり、この相手だけは何があっても絶対に逃がさないつもりです。

その後の830君

前回、一足早いペアリングをスタートさせ
830君(1321)が見事に撃退された様子をUPしました。

その後しばらく830君は反省した様子でラブハウスとケースの狭い隙間でジッとしていました。
これ以上見るのは可愛そうなので暗所にそっとしていました。


本日、どうなったか恐る恐る覗き見


ふとんをバサッとめくると・・・




IMG_3427.jpg



ラブハウスの裏で腕枕をして寝ころんでいました。


よく一緒に寝ていれば交配完了と目にしますが、14年度は添い寝をしていて我が家は全滅でした。
はたして無事に「男」になれたんでしょうか?





話しは一変しますが
以前、あちこちのサイトで「YuipapaはYGの偽物幼虫を売りさばいている詐欺師である」との書き込みされているとここ報告しました。
因みに人生、幼虫販売経験はありません(笑)

私の知人のサイバーテロ警備隊が地道に発信元を捜査してくれていました。
そして捜査報告がありました。

「これがそこら中に投稿した人物や、心当たりあるか?」

犯人





拡大すると
Aho.jpg



kadomamiyamae!
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/kadomamiyamae


やはり気になってこちらを見ていたんでしょう

世間をにぎわす大物詐欺師さんから詐欺師呼ばわりされるとは光栄です。

被害者からなのか既に住所、氏名、Telもサイトに公表されていますが、まだ売り続けているのでどうなんでしょうか?



2月13日追記
画像2枚目には当初は自分に対する例の投稿がされていました。
管理者にこのブログの過去の詐欺記事のURAを添付して、違反通告すると間もなく削除されました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。