FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初のカンタケ羽化

17年度は予期せぬ事態で3本目の仕上げボトルがカンタケとなりました。
耐熱上限にリミットがあるので『冬』は厳冬になりました。

当年度は幼虫の確保時期にトラブルで予定の半数以下になり、2本目ボトルが『?』な感じで予期せぬ早期羽化多発となり♂の総数が2桁と、少数精鋭
もしかすると、早期羽化してしまった♂87.4mmが最大個体では?と危惧、覚悟も(笑)

当方では、よそ様よりも1ヶ月くらいサイクルが早めなので早いモノは1ヶ月前くらいから羽化しているようです。
外見で確認できるものから時期を鑑みて掘りました。




カンタケは初めての経験でしたが、見た目の大半がキナコのような色になり、途中で神長さんと何度もやりとりしました。

この画像のボトルも中身はOutじゃないかと覚悟していました。
IMG_8101.jpg





外観では劣化したような変化が見られましたが、掘出すと内部の劣化はさほどなし
PPボトル接面とオガの間に数ミリの被膜が形成されており外側のみがキナコ色で、半年経過していますが、オガの湿度は十分に保たれており、まだ食える状態のように思えました。
IMG_0188.jpg


IMG_8100.jpg




月初に羽化したのを確認した時には、黒いことだけしかわかりませんでしたが、固まったのを見計らって取り出すと、予期せぬなかなかの個体でラッキーでした。




88.7mm 1706-7
89.1mmB (1503-19)×55mm(1601-8早期羽化)
IMG_0183.jpg






こちらは父親ですが、体躯中心に変な線がある以外はコピーのように息子そっくりです。
Gullさんの1312、ライン成績は平均レベルに達していなかったのに後継では、我家・本人さん宅を見てもスーパーな種のように思います。
89.1mmB (1503-19)
891B 1503-19



88.3mm 1706-1
883 1706-1




残りの♂数十頭でこれを超えるのが出てくれたらよいのですが・・・
今年羽化は高望みせずになんとか種親の確保を願っています。

スポンサーサイト

補強最終便!

IMG_7985.jpg





Gullさんから早期羽化の♀を譲っていただきました。
来季の補強はGullさん、ともさんのお二方からのみです。
ともさんからの個体は後日にご報告させていただきます。



Gullさんから早期羽化を仕込んだリストを拝見した時、一瞬『全部もらおうか?』と阿保な事が頭をよぎりましたが、うちで血が濃くなりすぎないのをチョイスしてお願いしました。




1708 53mm
Gull1708 530


1709 52mm
Gull1709 520


1712 53mm
Gull1712 530


1713 52mm
Gull1713 520


1718 52mm
Gull1718 520





Gullさんからは春にも5頭いただいておりますので、来季は頑張ってもらいます!!



冬眠終了

18年度の種♂も無事に冬眠を終えました。


一応、予定している♂は下記のものです。
『捕らぬ狸のなんとか』と言いますが、20ラインで300から400程度
成功率70%として30セット程を組もうかと考えております。
1♀か2♀しか付けてあげられない♂もいるかと思いますが、数を絞り込めるようであれば考えてみます。
逆に追加もあるかもです(笑)

①88.6mm 1602-4
②88.5mm 1612-1
③88.1mm 1506-1
④87.9mm 1601-19
⑤87.7mm 1620-4
⑥87.6mm 1606-4
⑦87.4mm 1709-4  ※早期羽化
⑧87.2mm 1616-10
⑨87.2mm 1619-12
⑩87.1mm 1609-15
⑪87.0mm 1602-14 ※上下顎ズレ 右88.2mm 左88.1mm
⑫85.6mm 1702-12 ※早期羽化
⑬85.0mm Gull氏1608
⑭90mmB 1605-17



886 1602

新年会

RSSのサービスが停止して以来、よそ様のブログを訪問する機会が減って寂しく思っております。
先日久々に重鎮さんのブログを覗き見すると久々に更新されており、「飲みましょ」との趣旨の書込みをしました。(同時期にジャイアンさん?も同類の事を書かれていました。)



間髪入れずに「●日は予定あいてますか?」
「OKですよ」
「じゃぁホテルとって大阪いきますわ!」




こんな流れで、T.LegendさんとGullさんの3人での新年会との名目の軍事会議(笑)

まだ薄明るい中での待ち合わせでしたが、3人とも酒が嫌いな口ではないので沢山の飲んで、沢山本音で(毒舌で)語り合えて最高の新年会でした。
大阪出身のGullさんなので、自分との対面時にはいつもどおりの大阪弁での会話に、ついつい好き勝手に放言してしまいました。
IMG_0088.jpg






今期は3本目交換時でライザップか?と白旗でしたが、気合い注入していただきました。





深夜に逆方向のお二人と別れた後、帰路に向かおうとしていたところ、先輩にバッタリと出会い「久しぶりやんか、飲みに行こや!」と誘われて再度、飲みに行って帰宅した時は、スタート時と同じような薄明るい状態でポストには朝刊が刺さっていました。
間もない仕事は結構な地獄でした(笑)




Gullさんから、管理不行き届きで早期羽化した874のお墨付きを貰ったので期待して使おうと思っております。

来期の種親

幼虫投入を終え、面倒な新成虫の掘出しも終了すると、種♂候補としたコンテナの虫を触っています。
2カ月経つと当初の印象とまったく変わって、「カッコええ」と思うのもいれば、別のコンテナへ移動する個体もいます。
下位のコンテナの虫の中でも、流れ作業でサイズだけで判断していた虫をよくよく見直すと、VIPのコンテナへ移動するのもいます。
優柔不断なので、春までこんな事が繰り返されます。







この時期、変わらないのは恒例の新しい『血』です。
今年も同じルーティンです。
コレ無くしてスタートできません。



自分はいつも3本目の状態を確認後にある態度は確定しています。
結果で判断するとそれまでの妄想が全て飛んでしまう性分なので・・・



それでもミーハーなライン主体となってしまいました。
逆に言えば、最強引いたと思っています。



幸か不幸か、今年の我家での種候補の順番から行くと、大概が濃くなりそうもないので、組合せの妙で悩まないのを消化不良にも感じています(笑)
しかし他の良績ラインはあまりにも被り過ぎるので断念しました。
まだまだ18年までは日が長いので、掘出しモノのおかわりを冬まで妄想してみます。






まだ寝ぼけてポーズを決めてくれないので、今回は管理表のみご紹介です。
個体の方はあらためてシャワー浴びて、化粧してからご披露します。



第1弾は文句の付けようが無く大満足です。



今年のスタートもGullさん血統!!


1608850.jpg



1608550.jpg



1605540.jpg



1615540.jpg



1619540.jpg







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。