上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

割出しました。

みなさまご無沙汰しております。
仕事に追われてしばらく作業時間がほとんどありません。
ゴールデンウィークも休み無く働いておりました。


うちでは4月からセットしております。
早期羽化♀は一番の遅い羽化でも11月のを使用していますので、例年よりも早めで5月までにほとんどセットしました。
今年は全てカワラ材の1本組みです。
基本的に再ペアリングをしない予定です。
産まなくても再セットはすると思いますが・・・


種♂がペアリング中に★になったり、♀がギロチンの刑に合ったりと波乱も起こっております。
★になった♂は長期間放置しすぎたせいか脚を何本か千切られて、腹に穴があいていました。


久々に時間が空いたので一つ割出しました。
第1弾なので、産卵痕の景気良さそうなのを暴きました。
♀親はGullさんの1530です。




IMG_1084.jpg

4月20日セットなので幼虫は半分に満たずに大半が生卵でしたが、40を超えていたので、少々戸惑っております。
因みに割出す前に2セット目に入れてしまいました(笑)

見た目の良さげなのを選んだので、この後は不発も多々出てくると思います。
スポンサーサイト

17年度構想

やっと種を起こしたところですが、そろそろ組合せを考えないといけません。
昨年度は5月投入、4月初旬産卵セット、3月ペアリングスタート
2月も残り20日少々、昨年この時期はある程度組合せが固まっていましたが、今年は全くの白紙です。



種親の候補はある程度絞りました。
使いたいのを全て使うとキャパオーバーとなるので、渋々ながらサブに回ってもらった♂が数頭おります。
自ブリ♂が増えたので、♀については自ブリを必然的に削りました。
自ブリ×自ブリで行くと次年以降、たちまち同じような顔ぶれに・・・
確保していた数の3分の1程になりました。
その代わり、スーパーな♀達の補強は十分にできたと思います。



あと数日、組合せ確定に向けて我のニラメッコ用にと羅列しました。
♂はサイズ順(2年目除く)ですが、下半分にいるGullさん1506の84mmがいい仕事してくれそうな気がしてなりません。
形状も抜群で雰囲気も威風堂々としています。
1506は早期羽化♀も使用させていただいていますが、こちらの手ごたえも上々なので、なおさらです。
しかし一番の期待は881です。やってもらわないと困ります。
17種



あと、早期羽化♀が20頭程スタンバイ
今年は57mm程度のや55mm超えたのが結構出ましたが、ストックしたのは小粒のが多いです。
ここから10頭程に絞り込み、通常羽化との合計25程度、8割が産んで20ライン
各20頭、産みが少ないラインもいくつかあって300程と目論んでいます。

2月末まで一番楽しい妄想を楽しみます。



謹賀新年

遅まきながらあけましておめでとうございます。



年が明けてから♂全ての交換が終了しました。
今季ここまでを振り返ると、1本目と2本目の菌糸管理がうまくいきませんでした。
どちらも予定よりも早く交換せざるを得ない状況となり、かなりの数を想定外の4本目交換しました。
思い当たるフシがありますので、来季は同じテツを踏まないように考えます。
しかし、既成ボトルではロットによるバラつきはどうしようもありません。
ただ、世間様と同じく重たい幼虫は昨年よりも多く出てくれています。
羽化してナンボなのでここからは運に任せます。


現在の悩みは早期羽化です。
一応各ライン数頭ずつ仕込みましたが、どれを使うか考えても全く決まりません。
あみだクジでもやろうかと(笑)


初めての試みで何度か書きましたが、最終ステージにクマモンさんのスーパー材を使用しています。
途中に報告しました、1601の幼虫は数時間潜らずにずっと上を眺めていたので諦めてボトルに投入しました。
そして代わりに同番の幼虫を材にいれました。
合計で10頭、菌糸飼育との違いが自分でも楽しみです。


IMG_1014.jpg



皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。



28年作業終了

本年の作業を終了(たぶん)しました


♀はあわよくば2本返しと考えていましたが、8月に投入した某既成ボトルは限界でした(笑)
2本目以降は自詰めしないとダメなようです。


菌が痩せてボトルと隙間が目立つようになりました。
菌と同じく幼虫も痩せてしまっては元も子もないので交換しました。


詰めてまだ菌の回りが浅いボトルが到着した時にドリルで穴をブチ抜いていたので回りも早く、40本強の交換も1時間半ほどで終えました。
今後は1400もあらかじめ穴を開けておけば後が楽なんでしょうが、面倒クサくてなかなかできません。








たまには♀の画像でもっ!









1601 yasukongさん1401インライン
IMG_0992.jpg

IMG_0991.jpg




同じく1601
IMG_0982.jpg

IMG_0981.jpg



このラインは早期羽化も55mm超えているようなのが2頭程います。
どのくらいのサイズで羽化するのでしょうか?



時季外れの3本目②

劣化暴れの交換は10月末に終了したつもりでした。
8月初旬に詰められたロットのみで2割ほどです。
しかしまだモゾモゾと動き出すのがチラホラ







9月に到着したロットからは現在怪しいのは出ておらず、大丈夫のようです。






画像のボトルのように徐々に上へ移動してタイペスト紙を齧っていました。
掘ってみると、下へ行くほど劣化して底は黒ずんでおり、劣化を逃れて上へ移動しているようです。
この幼虫は増えていましたが、増減半々くらいです。
IMG_0866.jpg


1615-5
♂84.5mm(とも氏14年845534)×♀55mm(1506-4)
1615-5.jpg


このラインは♀の数が3分の1ほどで5頭しかおらず、早期羽化も採れるか微妙です。
体重がここまで行くと無事に羽化させるのは難しいとは思いますが、1612に続いて1506早期羽化♀の仔は体重が載る傾向に思えます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。