中々うまくいきません

思うようなのが現れずで上の方にいるブリーダーとの距離を感じます。
常々40g超える幼虫は2割羽化できれば上々だと言われてきましたが案の定、軒並み不完全で羽化しております。


予想の範疇内ですが、完品は2番手もしくは3番手集団の体重からが大半です。
また、3本目交換時にダイエット・体重増やせなかった幼虫も前年度よりも倍増して昨年見なかったような小さな個体も多数でています。


♀については、3本目がカンタケ移行時期であり、そのままヒラタケで通して劣悪状態で羽化させたので、20gや19gでも56mmや55mm台と前年よりも2、3mm程小さく羽化しています。






ここ2年くらい進歩していませんが・・・羽化報告です。




今年、90mm、89mmを連発しているToplegendさんには控えめに固まって縮んでも88半ばくらい確保と伝えていました。
5月後半頃には89より少し上の数値を確認していたのですが、いざ固まって確認すると方顎の先が欠けてました。




羽化して1ヶ月でフタを齧るな!!!1703 顎欠







1本目32.0g、2本目35.5gのノーマークな個体でした。

IMG_0268.jpg







88mmとして使用します。

1703-20
88.1mm(1506)×54mm(マサレッド氏1504)

880 1703-20





もう1頭、同ラインですが


1703-21
88.1mm(1506)×54mm(マサレッド氏1504)

882 1703-21





ブリードを休止された貴重なマサレッドさんの883直仔個体なので、なんとか血を絶やさないようにしたいと思います。



補強 ♀続編

頼もしい♀が前回につづいてやって来ました。
負けず劣らず有望な♀です。







昨年、東京でお会いしたのがご縁でした。
Gullさん、ワイドカウさんと共に飲んで話している時
「なんか、自分の虫だけ使ってもらってないですね」
と、痛いお言葉をちょうだいし
「そんなことないですよ、○○さん経由でたくさん入ってますよ」







そしてこの度、晴れて我家へ!








なかなかのベッピンさんです。












マサレッドさん
54.0mm 15NO4
♂883(1309)×♀530(1409)
MR54.jpg





540 15NO435Logo

MR 1504血統











つづいてこちらも同じ88.3mm直仔ですが、その883の血が非常に濃い配合です。
1309が75%、つなぎ役の25%が前ギネス88
マサレッドさん曰く『冒険』されたそうです。
次年、このラインの種♂をご自身が使用する際のヒントも授かりました。






55.5mm 15NO5
♂883(1309)×♀517(ワイドカウ氏14YGAA5)
MR555.jpg
この個体は上の54mmと比べて頭がかなり幅広です。




555 15NO525Logo

MR1505血統





同腹♂の状況はマサレッドさんの羽化報告を乞うご期待ください。








以前にGullさんも「もう軽い体重から大きな個体という時代ではない」と、おっしゃっていましたが、自分も如何にガンガン体重載りまくるかを念頭に置いています。

羽化率、AV.よりも事故免れた少ない中から大物
そんなにうまくは物事進まないでしょうが(笑)

こんなこと書いていますが、来月に2本目交換が始まる16年度はあまり自信が持てていません。

東京襲撃

ちょうど運良く東京での仕事の日と重なり
チョネさんに無理言って突撃させていただきました。

NIGHT FOREST
NIGHT FOREST




日頃からお世話になっている方、まったく初めての方
遅くまで酒を酌み交わしながら色々な方々と楽しくさせていただきました。
中にはここではとても書けない恐ろしい話もたくさんありましたが


以外だったのは団長さんが物腰柔らかく温和な方でした(笑)
これまでともさん、龍さんから伝わる印象とまったく違いました。
(団長、さ~せん)


YG四天王のワイドカウさん、Gullさん、マサレッドさん、hizoさんともタップリとお話させていただきました。

2次会ではGullさんとhizoさんの間の席という特等席でブリードの奥義を授かり
3次会は遅くまでワイドカウさんの熱い想いを
そしてHPのノウハウを教えていただいたdaitouさんとは〆までずっと
途中でフェードアウトしたkobiちゃん、mouchoさん
他色々な方


とても楽しい時間を過ごさせていただきました。



次の日、朝一番に品川での書類の受渡しは地獄でしたが
そこからダッシュで帰って大阪で仕事

夜の9時にはジョッキを握って
「美味い!」また同じことを唸って
日付が変わって酎ハイ飲んでいる時にふと我に返って
疲れを思い出しました。


主催されたチョネさんはじめ、皆さんありがとうございました。

早いですが…妄想開始

猛暑はどこかへ行きましたが、まだまだエアコン無しでは蒸し暑くて寝苦しい大阪です。


スルーしようとも考えましたが、昨日またまたお祭り気分の輩が参上しました。
相手せずにコメを削除して収まったつもりでしたが、一日経つとハラワタが煮えくり返ってきました。
「さすがに外産の血が混ざると特大の幼虫ですね。せいぜい元のグランかホペイを追い越すサイズをつくってください」
↑この阿保は90mmに届くかどうかという時代にグラン、ホペイを混ぜて逆効果とは思わんのか?

さらに驚いたのは、IPを追跡すると以前にも訳のわからん戯言を落としていった野郎で、落とし穴を掘って自ら埋まって消滅した、今は亡き○○○○○所を賞賛していました。

「お前らのせいで川西ブリがトバッチリを受けている」ような事も書いていました。
ホスト拒否の処置をしたのでもうサヨナラです。




さて
2本目交換の第2弾の菌糸はあと1週間ほどで着弾予定です。
今回は神長さんにお願いして春とは異なる種菌で仕込んでもらいました。
ブリはしばらく何もすることがなく、かなり早いですが楽しい妄想に取り掛かりました。

来年の種もGullさんから4頭いただきました。
今年は7頭使用させていただき、その早期羽化もたくさん使う予定ですが、2年目♂など組み合わせを考えると結構血が偏ってしまいます。
1204、1107、1109、1002が複数被ります。
さらに自分が集めたせいですが、マサレッドさんの11年2番、yasukongさんの0902も


来年はまだ良いとしても早くも次世代では離れた血を導入しないとダメですね。


来年度の補強もほぼ完了(たぶん)しました。
組合せを妄想していると皆さんの管理表などへ行ったり来たりと大忙しなのでフリースペースに種親の血統表を載せてゆっくりと妄想してみます。



Gullさんのは年度ごとにプリントアウトしていつもニラメッコしています。
これのおかげで今年は早くいいのを決断できました。
IMG_5909.jpg

2本目交換・続編!

前回菌糸の件を触れましたが誤解が無いように
全てがイマイチな訳ではありません。
最初の便、5月初旬のS8は、すこぶる順調です。




その最初の投入分のボトル約150本を2本目交換完了しました。
管理表(Breeding data)の途中経過をUPしました。



予想していた範囲の上振れで出来過ぎの感があります。



1発目で38gアップが出たので、画像は36g以上で、などと調子に乗っていたら中々現れず、冷や汗をかきながらの交換でした。




ここまではBライン840Gullさん1312が大健闘です。






B7 1507
840(Gull氏1312)×510(Goshin氏14年5番早期羽化
1507-7.jpg

Goshinさんプレ♀のライン
♂5頭で35gUPが2頭でした。







B6 1506
840(Gull氏1312)×♀530(ガッタ氏13YG-㊤)
1506-4.jpg


♀の20gUPは初めて見ました。
最初見た時は虚弱の♂かと思いましたがチン線が無く、卵巣が確認できてビックリでした。









同じくB6 1506
これはこの後も今年の1本目最大のような気がします。
1506-1.jpg
デッカい糞を2個する前に撮影できませんでした。


♂840(Gullさん1312)の同腹早期から88mmUPが出てます。
♀530(ガッタさん13YG-㊤)は、ともさんの881、883の親であるマサレッドさん11年2番直仔なので、残りの分も期待してしまいます。

ただ、このラインは卵で結構な数が採れたので1セットしか組まなかったら、半分ほどしか孵化しませんでした。




強制早期羽化用の♀を仕込みますが、デカくなる素質のある♀を如何に小さく羽化させるかを試します。



しばらく交換は休憩です。